B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

互いの信頼関係を大切に 最適な不動産物件を提案
北村ハウス 代表 北村守康

 
glay-s1top.jpg
インタビュアー 八木裕(野球解説者)
八木 不動産事業を展開する大阪市淀川区の北村ハウスさん。北村代表は前職でも不動産業界におられたのですか?
 
北村 はい。私は20年以上この業界にいます。東京の不動産会社に入社したのが最初で、キャリアを積んで2010年に地元の淀川区に戻り、今年、2020年1月に起業しました。会社員時代は、賃貸仲介から建売住宅の販売、宅地開発事業まで幅広く経験しました。おかげさまで営業成績もよく、何度か表彰されたこともあります。
 
八木 豊富な実績とノウハウを蓄えて、満を持して開業したわけですね。現在の詳しい事業内容も教えてください。
 
北村 はい。土地の買い取りや、新築・中古の戸建て、中古マンション・アパートなどの不動産売買のほか、戸建て、マンション、アパートの賃貸物件の仲介・管理等を行っています。不動産業界はアナログの世界ですから、信頼関係をとても大事にしていますね。
 
八木 地主さんやお客さんなど、関わる人が多いですからね。お客さんに対して心がけていることはありますか。
 
北村 ニーズに応える、丁寧なご説明をするなど、親身なサポートをすることですね。例えば、お客様が本当に満足できる物件が見つかるまでご相談に乗り、売買契約をされる場合は、事前にメリットとデメリットを明確にお伝えしています。また、リスクのない住宅ローンの組み方のご提案や、手続きのサポートもさせていただきますよ。お客様にとっては人生を左右する大きな買い物ですから、明確に説明する義務があると思うんです。
 
glay-s1top.jpg
八木 素晴らしい! 長年の経験と知識を持つ北村代表から最良のアドバイスをもらえればお客さんも幸運ですし、そうやって信頼を得ることが事業の発展にもつながっていくんでしょうね。
 
北村 実は私は、会社を大きくしようとは思っていないんです。夢は、自給自足の街を開発し、子育て環境を重視した街づくりを目指していくことですかね。
 
八木 いいですねぇ! お金のためではなく、伸び伸びとした生活を実現するために働く北村代表の生き方は、お仕事の面でも周囲に好影響を与えていくと思います。ぜひ夢を実現し、北村流スローライフを楽しんでください。応援していますよ!
 
 
 
「仕事を楽しむ」とは‥
不動産業の人間は夜遅くまで働いているイメージかもしれません。でも、実際に仕事ができるのは銀行が開く朝9時からお客様と連絡が取れる18時まで。その時間帯でどれだけ効率的に動けるかを考えながら主体的に仕事をするのが楽しみですね。
(北村守康)
 

:: 事業所情報 ::

北村ハウス

〒532-0031 大阪府大阪市淀川区加島2-8-31

ホームページ
https://kitamurahouse20.com

 
 
 
 

アーカイブ一覧

分野で選ぶ

バックナンバー

最新記事

話題の記事