B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

人の心に寄り添いながら ここだけの薬局を目指す
株式会社バイアル 取締役 山西潤

 
プロフィール 大阪府出身。大学薬学部を卒業後、薬剤師資格を取得。製薬会社で医薬情報担当者として従事したのち転職する。薬局を運営する会社(株)メディカル・サポート入社後、親会社の(株)データ・ボックスに入り、薬剤師業務と営業業務の経験を積む。2013年に(株)データ・ボックス代表取締役就任、同年(株)バイアルの取締役に就任した。現在はバイアル調剤薬局とデータ・ボックス薬局、こすもす薬局を運営している。【ホームページ
 
 
 
大阪市内で薬局を運営する株式会社バイアル。取締役を務め、自身も薬剤師である山西潤氏は、2017年に立ち上げたバイアル調剤薬局の店頭に立ち、患者一人ひとりに丁寧に接しながら、医師や看護師とも連携しつつ地域の医療に貢献している。山西取締役が目指すのは、地域住民から愛され「日本で一番」と呼ばれる薬局に成長すること。その志と人に寄り添う心をスタッフと共有しながら事業に取り組む山西取締役に、仕事への思いを聞いた。
 
 
 

生家の薬局と会社を受け継ぎ事業を発展

 
glay-s1top.jpg
インタビュアー タージン(タレント)
タージン 大阪市住吉区でバイアル調剤薬局、住之江区でデータ・ボックス薬局を運営する株式会社バイアルさん。山西取締役ご自身も薬剤師さんでいらっしゃるそうですね。ぜひ、これまでのご経歴を教えていただけますか。
 
山西 私は大学の薬学部を卒業後、薬剤師の資格を取得し、製薬会社の医薬情報担当者になりました。その後、新大阪で調剤薬局を展開する会社に転職したんです。実は、私の生家は以前から薬局を営んでいました。そこでは大きなドラッグストアなどに個人の薬局が価格や内容で対抗するため、私の父と仲間がPOSレジを開発したんです。そして、卸と電話回線を介して連携し、効率を図り、薬局をフランチャイズ化することで薬剤の共同仕入れと、売れ筋商品などの情報をグループ店舗で共有することにしました。
 
タージン いわゆる町の薬局さんが、そのような革新的な事業に乗り出すとは驚きました。それからどうなさったんでしょうか?
 
山西 POSレジを活用した事業を行うため、株式会社データ・ボックスという会社を立ち上げました。それが現在、株式会社バイアルが運営するデータ・ボックス薬局の名前の由来になっています。バイアルというのも、もともと両親が個人的に経営していた会社の名称だったんです。その後、「薬局を手伝ってほしい」と相談を受けたことで私は父の会社に転職しました。そして、2013年に父が他界し事業を受け継いだんです。
 
 
 
 

アーカイブ一覧

分野で選ぶ

バックナンバー

最新記事

話題の記事