B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

発明魂が生んだタオル
あしゆびさ~らに注目!

 
 
足指専用タオル「あしゆびさ~ら」
足指専用タオル「あしゆびさ~ら」
狩野 「これから発明をするぞ!」と意気込んでも、普通の人はなかなか行動に移せるものではないと思います。松本代表の行動力は素晴らしいですね。発明したテレビカバーはその後どうなったのでしょうか。
 
松本 特許を申請し試作品作成もしたのですが、残念ながら発明学会のコンクールで却下されてしまいました。ただ、自分でも製作中に「実はたいしたことがないな」と感じていたんですよ(笑)。アイデアを思い付いたときは自分の世界に入り込んでいるものの、後ほど冷静になって客観的に見ると、改善点があることに気付きます。その試行錯誤を繰り返すことが大事だと学ぶことができました。
 
狩野 それでも発明をあきらめることはなかったと。
 
松本 もちろんです。その後、新タイプのぶら下がり健康器「コロコロブルブル」という製品を開発しコンクールで入賞できました。発明学会の会長も著書で取り上げてくださり、テレビにも取材してもらえたんです。そして私はますます発明にのめり込み、2013年にあしゆびさ~らの前身となるタオル、「足指タオル」の開発に成功しました。その頃、通っていたスポーツクラブの浴場で足の指の間を洗うのに苦労している方を見かけたんですよ。
 
狩野 その人を見たことが、あしゆびさ~らの開発につながったんですね。
 
松本 そうなんです。発明とは、常に何らかの発想をすることを意識しながら行動するのが何よりも肝心です。私はこの心がけを習慣化して周囲を観察しているので、何かに困っている方を見ると「こうすればいいんじゃないか」とすぐにアイデアが浮かぶんですよ。
 
狩野 発想することを習慣化することが大事なんですね。それにしても、松本代表の発明魂には驚かされますよ。まさにロマンの世界であり、発明に人生を賭けていらっしゃるのだと感じます。「一発当てて大金持ちになる!」という思いもあるのでしょうね。
 
glay-s1top.jpg
松本 誰も考えたことのない新しいアイデアを思いつき、ヒット商品に結び付けるのは大変なものです。それでも、発明は1000個試作して3個が製品化されれば良しの世界。私はこれからもチャレンジを続けていきます。なぜなら、人生とは行動した人が勝つものだからです!
 
狩野 「まず、やってみる」の精神で突き進む松本代表のバイタリティは本当に見事ですね。私も見習いたいです。松本代表が人々に愛される大ヒット商品を生み出せるよう心から応援しています!
 
 
 
「仕事を楽しむ」とは‥
おもしろおかしく生きることが信条です。日常生活の何気ないことでも、ちょっと見方を変えると新たな発想が湧いてくる。そうやって見え方が変わってくる瞬間も楽しいですね。そして思い立ったら実際にやってみる、行動することも大切です。
(松本健)
 

:: 事業所情報 ::

アイデア工房 ドットアンドビット

〒540-0012 大阪府大阪市中央区谷町1-3-5

ホームページ
https://dot-and-bit.com

 
 
 
 

アーカイブ一覧

分野で選ぶ

バックナンバー

最新記事

話題の記事