B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

ふと腰を下ろしたくなる
安らぎの薬局を目指して

 

薬剤師へのレクチャーや産学連携にも注力

 
glay-s1top.jpg 広々としたエントランス
広々としたエントランス
鎮西 お話をうかがってきて、薬剤師としての豊富な経験が事業に生きている印象を持ちました。
 
三ツ谷 ありがとうございます。特に、病院やクリニックに勤務する薬剤師のことをわかっているのは、私の強みだと感じています。ドラッグ インフォメーション、薬の情報に関わるDI業務レクチャーのサービスは、その代表ですね。病院勤務だと、医師から薬の調査を依頼されることがあります。その際の情報収集をどのように行えば良いのかなどを、まだ経験の浅い薬剤師さんやクリニックのスタッフにレクチャーするんです。
 
鎮西 それはかなり需要がありそうなサービスですね。三ツ谷社長を軸に、薬剤師同士の横のつながりも生まれそう!
 
三ツ谷 そうなると嬉しいです。また、荏原中延店では、大学との産学連携にも積極的に取り組み、新たな医療の発信の場にしたいとも考えています。
 
鎮西 病院や薬局って、患者さんが来たら対応するという、いわば受け身のイメージがありました。でも、三ツ谷社長はその真逆だなぁ。
 
三ツ谷 「ここに行きたい」と思ってもらえる薬局にしたいんですよ。世間の多くの方は、「病院の前にあるから」「自宅に近いから」という理由で薬局を選びますよね。でも私は、「ちぇあーくらぶだから」という理由で選ばれる薬局にしたいんです。
 
glay-s1top.jpg
鎮西 つまり、ちぇあーくらぶさんならではの付加価値を重要視されているんですね。付加価値のある店舗づくりには、従業員の方の力も不可欠ではないでしょうか。
 
三ツ谷 おっしゃるとおりです。そのためにも私は、働く環境を整えて、従業員同士がお互いに尊重し合える関係性をつくりたいと思っています。というのも、薬剤師に限らず医療従事者は、忙し過ぎて気が滅入ってしまうことがあるんです。実際、私もそんな時期がありました。
 
鎮西 医療現場は私たちが想像する以上にハードだと聞きます。三ツ谷社長はどのように立ち直られたのですか?
 
三ツ谷 きっかけの一つは、2018年に手が上がらなくなるという原因不明の病気になったことでした。同じように難病にありながら頑張っている方たちと出会い、勇気をもらったんです。実は起業を決意したのも、彼女らに刺激を受けたからなんですよ。
 
鎮西 なるほど、寄り添ってくれる人の存在が大きな力になると経験で知っているから、ちぇあーくらぶさんでも関係性を大事にした店づくりを行っているんですね。
 
 
 
 

アーカイブ一覧

分野で選ぶ

バックナンバー

最新記事

話題の記事