B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

ふと腰を下ろしたくなる 安らぎの薬局を目指して
株式会社チェアークラブ 代表取締役 三ツ谷清湖

 
プロフィール 東京都出身。(みつたに きよこ)1997年から薬剤師として活動。大小さまざまな病院の院内薬局・調剤薬局で勤務した。2019年に病を患い休職するも、同じく難病に悩む仲間との出会いが刺激となり、薬剤師として独立することを決意。(株)チェアークラブを立ち上げ、2020年に「薬局ちぇあーくらぶ」をオープンした。薬剤師のほかに、メディカルサプリメントアドバイザー・スポーツファーマシストの資格も所有。2児の母でもある。【ホームページ
 
 
 
薬剤師としてのやりがいを感じ始めていた時期に、突然身を襲った原因不明の病。先行きの見えない不安に潰されそうになる中、救いとなったのは難病を抱える仲間との出会いだった。その経験から「誰かの役に立ちたい!」と思い、株式会社チェアークラブを設立し薬局を運営する三ツ谷清湖代表取締役。イベント、カウンセリングも行うなど、今までにない挑戦をしている。より多くの人に親しまれる薬局づくりについてうかがった。
 
 
 
大小さまざまな病院で薬剤師歴、20年以上
 
glay-s1top.jpg
インタビュアー 鎮西寿々歌(タレント)
鎮西 今年2020年に設立されたという、株式会社チェアークラブの三ツ谷社長にお話をうかがいます。三ツ谷社長は現役の薬剤師さんでもあるんですよね。
 
三ツ谷 そうですね。1997年から薬剤師として、大学病院から地域密着の病院まで、さまざまな病院の院内薬局で働いてきました。
 
鎮西 薬剤師として20年以上のキャリアをお持ちなんですね! ちなみに院内薬局って、街中の薬局とはどう違うのですか?
 
三ツ谷 街中の薬局が外来患者さんへの処方が中心であるのに対し、院内薬局は主に入院患者さんの薬を処方しています。また、近年は病棟業務といって、病室の患者さんのもとへ行き、薬の説明を行うことも多いですね。会話を通じてその患者さんが抱える薬や治療への不安など、医師や看護師が知りえない情報を得て、より良い医療の提供につなげることも薬剤師の仕事なんです。
 
鎮西 私は子どもの頃に入院したことがあります。病院の方がとても親身に接してくれて、安心できたことを今でも覚えていますよ。お医者さんだけでなく、薬剤師さんにフォローしてもらえるようになったのは、患者さんにとってありがたい変化だと思います。
 
 
 
 

アーカイブ一覧

分野で選ぶ

バックナンバー

最新記事

話題の記事