B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

伝統と先端技術の融合で 新時代の瓦屋根を実現
表瓦株式会社 代表取締役 表宏明

 
glay-s1top.jpg
インタビュアー タージン(タレント)
タージン 兵庫県姫路市で屋根工事を手がける、表瓦(おもてかわら)株式会社さん。御社は1914年創業の老舗で、表社長は四代目だそうですね。まずは歩みからお聞かせください。
 
表 学生時代は高専の建築科に在籍し、それから愛知県の大学で環境工学を学びました。卒業後は大阪のゼネコンに就職し、しばらくして先代である父を補佐するために弊社に入社したんです。そして2014年、36歳で社長に就任しました。
 
タージン 学生時代やゼネコン時代に学んできた建築の知識が、現在の仕事にも活きているわけですね。御社はもともと瓦の製造業としてスタートされたとうかがいました。
 
表 ええ。この辺りは瓦に適した良質の粘土が取れましたので、二代目まではいぶし瓦の製造のみを行っていました。そして、父の代で屋根の工事も請け負うようになり、1992年に事業を工事一本に絞ったんです。現在はお寺や文化財、公共施設、一般住宅などの施工を手がけています。
 
タージン 建物によって使う瓦もいろいろあるのでしょうね。どのような種類があるんでしょうか?
 
表 弊社で扱っている瓦は、いぶし瓦、釉薬を施した陶器瓦などの和瓦、洋風住宅や幅広い建築様式に対応する洋瓦のほか、繊維素材を混合したものなど、さまざまです。一般的な住宅ですと瓦数2000枚ほどを使用し、約6tもの重量があります。屋根が重いと地震の際に危険だと思われるかもしれません。しかし、骨組みがしっかりした家屋でしたら、むしろ屋根部分が重いほうが、揺れに対する抑えが利くんですよ。
 
タージン それは知らなかった! 瓦屋根が抑えることで建物全体を守ってくれるんですね。
 
glay-s1top.jpg
表 そうなんです。さらに弊社では、ドローンによる屋根の点検も行っており、傷んだ箇所を発見したらすぐに修理します。その際には、修理前後の写真も撮るので、どのように修復されたのかわかりやすいと評判なんですよ。
 
タージン 早期に問題箇所が見つかれば修繕費用も少なくて済むでしょうから、お客さんもありがたいですよね。
 
表 点検費用も安価で、写真撮りも15分ほどで済みますから時間もかかりません。今後もこうした取り組みを続け、多くのお客様のお役に立てていければと考えています。
 
タージン 老舗の伝統を受け継ぎつつ、ドローンなどの先端技術を取り入れながら進化を続ける表瓦株式会社さんの未来が楽しみです。これからもぜひ頑張ってくださいね!
 
 
 
「仕事を楽しむ」とは‥
仕事とプライベートとのオンとオフを切り替え、しっかりとメリハリをつける。それが仕事を楽しむことにつながっていると思います。
(表宏明)
 

:: 企業情報 ::

表瓦株式会社

〒671-0231 兵庫県姫路市御国野町深志野38

ホームページ
http://www.omote-kawara.jp/