B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

至福の建築とリフォーム
連綿と続く地域への貢献

 

豊かな経験と実績を武器に、会社を法人化

 
glay-s1top.jpg
タージン 今井社長のお父様から息子さんまで、3世代で建築に携わっている新生ホームテックさんが、法人化したのはいつですか?
 
今井 昨年2019年に、株式会社新生ホームテックとして法人化したばかりです。それまでは、今井工務店という屋号で、個人事業主として営業していました。
 
タージン 「新生」という社名には、生まれ変わりの強さや生命力を感じます。息子さんは一緒に働き始めて何年くらいでしょう。
 
今井 約2年です。新生ホームテックに入社する前には、設備会社で経験を積んでいます。いずれ経営を引き継ぐため、とても真面目に頑張っていますよ。息子やスタッフたちのためにもしっかりとした土台をつくろうと考え、法人化に至ったんです。
 
タージン スタッフさん思いの、今井社長のお優しい性格が伝わってきますよ。今井社長から息子さんを誘ったのですか?
 
今井 いいえ。息子が自分で考えて、自分の意志で入ってくれました。
 
タージン 嬉しい話ではないですか! 率直に、どんなお気持ちでしたか。
 
今井 結構、複雑な心境でしたよ(笑)。父の代から続いている家業を継いでくれる嬉しさを感じた反面、この業界の厳しさも知っているので、心配に思う部分もありました。なので、会社をもっと大きくして安定させた状態で引き継いでもらいたいですね。
 
glay-s1top.jpg
タージン 今井社長の愛情の深さが感じられますよ。それに、お父様の時代から脈々と引き継いできた大工の系譜が続くのは、地域の方々にも頼もしいはずです。これまでに、どのような施工をしてきましたか。
 
今井 一般住宅の新築やリフォームはもとより、大規模な施工では、関東や関西の、某有名テーマパークの工事にも携わった経験があります。それから、東京都内の有名ホテルなども手がけました。
 
タージン それは立派な実績だ! 一般住宅から大規模な施設やホテルまで手がけてきた経験があれば、お客さんからのどんな依頼にも対応できる印象ですよ。