B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

仕事に関わる人が求める “納得”を提供したい!
株式会社Soleil 代表取締役 長谷川大造

 
glay-s1top.jpg
インタビュアー 吉井怜(女優)
吉井 東京都板橋区でデザイン業を営む株式会社Soleil(ソレイユ)さん。どのようなデザインを手がけていらっしゃるのでしょう?
 
長谷川 弊社は広告やロゴ、会社案内、カタログなどのグラフィックデザインのほか、Webサイトのデザイン、さらに製品プロモーションビデオなどの映像制作や編集業務を行っています。
 
吉井 とても幅広い分野でご活躍なさっているんですね! 長谷川社長がどのような意識でデザイン制作に取り組んでいらっしゃるのか気になります。
 
長谷川 私は日頃から、クライアント様の意図が主役になるデザインを仕上げるように心がけています。ですから、発注いただいたデザインの中には、私自身の主張はできるだけ出さないようにしているんです。もし出したとしても、なるべくそれに気付かれないよう、控え目にしているんですよ(笑)。
 
吉井 なるほど、あくまでもクライアントさんの意図を前面に押し出すわけですね。でも、その意図をきちんと汲み取るためには、しっかりとした打ち合わせをする必要がありますよね。
 
glay-s1top.jpg
長谷川 おっしゃるとおりです。クライアント様からご連絡をいただいたら、おうかがいすることはもちろん、最短でお答えできるメールやLINEなどクライアント様の望む方法で、詳細な打ち合わせを始めます。その際、ご要望をお聞きするだけでなく、クライアント様が本当に意図している“正解”に近づけるよう、こちらから質問を投げかけるんです。そうしてすり合わせを行ったうえで、デザインをご提案しています。
 
吉井 確かに、明確に意思の疎通ができていないままデザインをお願いしても、意図したものとはまったく違うものになってしまうでしょうね。でも、積極的に意図を汲み取っていただいて、その場で正解に近いイメージを見せてくだされば、クライアントさんも嬉しいと思いますよ!
 
長谷川 ありがとうございます。さらにクライアント様と打ち解けられるように密接なコミュニケーションを心がけ、クライアント様が自然とご要望を出しやすい環境をつくるようにしています。例えば、ロゴデザインはクライアント様にとって、ご自身の会社の顔になるものですよね。だからこそ私は、最初に固い信頼関係を結び、クライアント様が心からご納得したうえで発注をいただけるよう注力しているんです。
 
 
 
 

アーカイブ一覧

分野で選ぶ

バックナンバー

最新記事

話題の記事