B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

旬の果実を贅沢に味わう 南大阪初のタルト専門店
タルト専門店タルトルタ 代表 西山晋

 
glay-s1top.jpg
インタビュアー タージン(タレント)
タージン 岸和田に南大阪初のタルト専門店がオープンしたと聞いて、本日は楽しみにしていました! タルトルタさんは店舗の外観もかわいらしいですし、ショーケースのタルトもおいしそうで、思わず笑顔になってしまいます。
 
西山 ありがとうございます。当店は、敷地内のフレンチレストラン「ボンヴィラージュ オゼ」のプロデュースという位置づけで、2019年4月にオープンしました。もともと父が泉南市で30年ほど「ボンヴィラージュ」という店を運営しており、私も長くフレンチのシェフとして腕をふるってきたんです。ただ、私はとにかくタルトが大好物でして(笑)。店でもデザートとして提供しており、好評をいただいておりました。
 
タージン ということは、好きが高じてタルト専門店をオープンなさったと?
 
西山 そうですね(笑)。また、地元・南大阪の果物のおいしさを、もっと多くの人に知ってもらいたいという思いもありました。実は、南大阪は果物の生産が盛んで、私と同年代の農家さんがたくさん活躍しているんです。シャインマスカットやイチゴ、さらに糖度世界一としてギネスに認定された「包近の桃」の産地としても有名ですね。
 
タージン 地産地消にこだわっているんですね。タルトの紹介には果物の生産者さんの名前も記載されていますし、地元の農家さんたちは喜んでおられるでしょう。
 
西山 はい。生産者の方とのつながりも増え、店に直接持って来てくださる方も少なくありません。皮に傷がついて市場に出せないものを安くたくさん仕入れさせていただくなど、Win-Winの関係が築けています。
 
glay-s1top.jpg
タージン 素敵なご関係です! 地元の果物を活かしたタルトをつくるうえで、意識している点はありますか?
 
西山 旬の“もぎたての果物”を提供するイメージで、手を加えすぎないことですね。そのうえで、例えば桃のタルトにはレモンジャムを合わせて甘さの中に酸味のアクセントを加えるなど、食べ飽きないような工夫を凝らしています。もちろん、カスタードクリームやタルト生地、見た目の美しさにもこだわっていますよ。
 
タージン 聞いているだけでおいしそうです(笑)。タルトの種類も、季節ごとに常時6種類ほどそろうとのことで、何度足を運んでも楽しめますね。今後も地域の果物農家さんと一緒に、おいしいタルトで南大阪を盛り上げていってください!
 
 
 
「仕事を楽しむ」とは‥
やっぱり、自分が楽しいと感じることをやり続けたいですね。無理してストレスになることをやるより、ワクワクする気持ちを大切にし、そういう遊び心を仕事に活かしていきたいと思います。
(西山晋)
 

:: 店舗情報 ::

タルト専門店タルトルタ

〒596-0805 大阪府岸和田市田治米町140-1

ホームページ
https://tartorta.com
フェイスブック
https://www.facebook.com/tartorta.osaka

 
 
 
 

アーカイブ一覧

分野で選ぶ

バックナンバー

最新記事

話題の記事