B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

信頼できる仲間と共にガス機器を販売・施工
株式会社髙久設備 代表取締役 髙久竜也

 
glay-s1top.jpg
インタビュアー 宮地真緒(女優)
宮地 神奈川県横浜市でガス機器の販売・施工などを手がける株式会社髙久設備さん。まずは髙久社長のあゆみからお聞かせください。
 
髙久 私の叔父がガスの配管工事の職人で、私も学生の頃から叔父の仕事を手伝っていました。そして、18歳のときに現在の仕事を始め、2001年に個人事業主として独立したんです。それから、信頼できる仲間たちに恵まれ、仕事も順調に増えていったので、2016年に法人化し、弊社を設立しました。
 
宮地 お若い頃から豊富な経験と実績を積んできたわけですね。髙久設備さんの業務内容についても、詳しく教えていただけますか?
 
髙久 弊社は大手ガス機器メーカーの一次代理店なので、商品の販売から取り付け工事、機器のメンテナンスも行っています。また、ガスコンロや給湯器も取り扱いますので、キッチンやお風呂など水回りのリフォームにも対応できるんですよ。一つひとつの作業に別々の業者が対応すると、時間もコストもかかってしまいます。しかし、弊社の場合はお客様のご要望に応じて、一貫したサポートを実現できるんです。
 
宮地 販売も取り付けも、しかもリフォームまですべてお願いできるのはお客さんとしてはありがたいですね。髙久社長は、経営者となった現在でも現場に出ていらっしゃるんですか?
 
髙久 はい。この業界は技術の進歩が早いので、常に現場に出ていなければなりません。それに、私はお客様と顔を合わせて仕事をするのが好きですから、自分が現場の仕事を「やらない」ではなく「やれない」になりたくない。だからこそ、今でも現場に出ているんです。また、弊社は私を含めたスタッフの間に上下関係がありません。みんなが髙久設備という1つの船に乗った仲間なんですよ。この業界の工事は分担制が普通です。でも、忙しい現場なら自分の担当ではないところにも駆け付けたり、誰かが困っていれば助け合ったりするのが当たり前の社風なんです。
 
glay-s1top.jpg
宮地 ガスも水道も生活には欠かせないものですから、経験が豊富で仲間意識の強い髙久設備さんに施工を依頼すれば、信頼も置けるし安心だと感じました! 今後の目標などもぜひお聞かせください。
 
髙久 私は会社を大きくしたいとは考えていません。現在のスタイルを続けていくことを大事にしています。それができなくなるなら、会社を畳んでも良いとも思っているんですよ。これからも仲間を大切にし、一緒に仕事ができる環境を保ち続けていきたいですね。
 
 
 
「仕事を楽しむ」とは‥
自分が納得できる仕事をすることですね。一緒に仕事をするスタッフたちは、仲間でありライバルだと思っています。ですから、彼らが良い仕事をすれば、自分も負けたくないという意識も働く。その中で、自分が納得いく仕事を突き詰めていくのが楽しむことですね。
(髙久竜也)
 

:: 企業情報 ::

株式会社髙久設備

〒221-0863 神奈川県横浜市神奈川区羽沢町1473-1

ホームページ
https://www.takakusetsubi-gas.co.jp

 
 
 
 

アーカイブ一覧

分野で選ぶ

バックナンバー

最新記事

話題の記事