B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

新しいことも果敢に挑戦
創造性に富むWeb制作

 
 
glay-s1top.jpg
水野 確かにパッケージのCMSをベースに制作しているサイトは、レイアウトなども共通であることが多いので一目でわかりますよね。機能としては十分でも、デザインとしてはありふれたものになってしまいます。石井社長はあくまでもデザインにこだわりを持っているわけですね。
 
石井 ええ。一般の方は表面のデザインしか見ることができません。だから、いくら見えないところの技術力が高くても興味を持ってもらえないんです。特に最近は、ただWebサイトを制作するだけではなく、それを使ってどのようにプロモーションを展開していくかまで考えて制作しなければなりません。そうでなければ、消費者には関心を持って閲覧してもらえなくなりました。
 

何でも疑問を持って楽しむ

 
水野 今までは広告としてただ見てもらうだけで完結していたものが、プロモーションまで含めて包括的に制作しなければならなくなったわけですよね。もともと手がけていた業務とは大きく異なってきていると思います。
 
石井 確かにそうですね。でも、私はどんな依頼でも基本的には断りません。経験のない案件にも、まずは「やってみます」と答えるんですよ。
 
水野 経験のない仕事を一から手がけるとなると、納期やローンチの予定もある中での作業は大変ではないですか?
 
石井 それが仕事ですから(笑)。先ほどのCMSもそう。自分で手がけるからにはすべて一括で制作する。そうすれば、胸を張って「自分の作品です」と誇れますからね。
 
水野 仕事だからと言い切れるのはかっこいいです! 枠にとらわれず常に新しいことにも挑戦していくスタンスなんですね。
 
glay-s1top.jpg
石井 ええ。やはり、何でも疑問を持つことが大事ですね。疑問を持ちながら作業すると、今までと違ったものができるので楽しいですよ。ときどき、作業中に「以前にも同じようなものをつくったな」と思ったら、一度すべて捨ててしまうんです。思い切って最初からつくり直すと、その前とは別の発想が生まれてくるんですよ。白紙に戻す勇気も大切ですね。
 
水野 一度白紙にしてつくり直すのは、なかなかできることじゃないですよ! 疑問を持つことは言い変えると、常に好奇心を持って追求することだと思います。それを自然体で楽しんでいらっしゃるんですね。
 
石井 楽しいといえば、Webサイト上でアニメーションとして見せるバナーなどもそうですね。小さなスペースの中で文字や絵が動いたり止まったり、0.1秒単位の調整を追求して、一番しっくりくるタイミングでできたときは、気持ちいいですよ。
 
水野 まるで新しいおもちゃを見つけた子どものように純粋に楽しんでいる姿勢が伝わってきます。これからも、枠にとらわれない発想とチャレンジ精神で、ご活躍を続けてくださいね!
 
 
 
「仕事を楽しむ」とは‥
何でも疑問に思うことですね。これでいいのか。ほかの考え方はないか。時間が許す限り試行錯誤して考えることが仕事のやりがいであり、楽しさだと思います。
(石井久明)
 
 :: 会社概要 :: 
  ■ 社名 有限会社モン・クリエイティブ
■ 本社 〒101-0054 東京都千代田区神田錦町3-7 東京堂錦町ビル6F
■ 事業内容 ホームページ・Webサイト制作/Webマーケティングの企画・運用
■ 設立 平成2年7月
■ 主な取引先 プーマジャパン株式会社/ヨネックス株式会社/株式会社新宿高野/株式会社エフ・ディ・シィ・プロダクツ/セイコーアイウェア株式会社/セイコーサービスセンター株式会社/株式会社宝島社
■ ホームページ http://www.mon-cre.co.jp
 
 
 
 

アーカイブ一覧

分野で選ぶ

バックナンバー

最新記事

話題の記事