B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

 
glay-s1top.jpg
インタビュアー 水野裕子(タレント)
水野 徳重代表は、東京都内でユニークなスペース「アレイ自習室」を展開しておられるそうですね。立ち上げの経緯をお聞かせください。
 
徳重 私は京都大学教育学部を卒業後、外資系コンサルティング会社に就職しました。もともといつかは独立したいという思いがあり、会社員として働きながら最適な事業を探していたのです。そんな中で、受験生時代の経験から自習室にはニーズがあると考え、この事業で会社を興すことにしました。
 
水野 自習室と聞くと、長い机が並ぶ図書館の学習室を思い浮かべますが、アレイ自習室さんでは、仕切りのあるスペースを何時間でも利用できるのだとか。店舗の場所やサービスの詳細を教えていただけますか。
 
徳重 現在のところ、アレイ自習室は新宿五丁目駅・新宿御苑前駅・江古田駅・練馬駅・荻窪駅・笹塚駅・明大前駅の7店舗を展開しています。すべて駅から近く、利便性の高い場所なんですよ。最大の特長は24時間365日営業なので、いつでも気軽にデスクライトとコンセントが付いたブース型の座席で学習に集中できることですね。
 
水野 受験に挑む学生も、資格試験に挑戦する社会人も時間に追われています。近頃は通勤通学前に趣味や勉強に取り組む“朝活”も流行っていますし、24時間いつでも勉強できる場所があるのはありがたいですよ。気になる料金についてはいかがでしょう。
 
glay-s1top.jpg
徳重 アレイ自習室では、時間単位や日単位ではなく月額制のシステムを採用しているんですよ。「自由席」「指定席」「指定席ワイド」の3つのプランからお選びいただけ、その料金も業界最安水準と言えます。月額制にするメリットの1つは、時間を気にせず本腰を入れて勉強するお客様が集まるため、室内の雰囲気がピリッと引き締まること。当店は簡素な設備ではあるものの、学習に集中できる場をご提供することを何よりも大事にしています。
 
水野 確かに、追加料金や時間を気にしながらの勉強では内容が頭に入りません。それに、どのような人が集まるかによって、場の雰囲気は変わります。その点、アレイ自習室さんの環境は学習に最適と言えそうですね。ブース型の座席以外の設備などについては、どのような特長がありますか?
 
 
 
 

アーカイブ一覧

分野で選ぶ

バックナンバー

最新記事

話題の記事