B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

 
glay-s1top.jpg
インタビュアー 八木裕(野球解説者)
八木 株式会社K-FielD(ケーフィールド)さんは、奥野社長と弟の奥野剛志さんのご兄弟で、北生駒整骨院など4事業を運営されているそうですね。どれもお二人の前職でのご経験を生かしているんだとか。
 
奥野 はい。私は20年間、精神科病院に勤務しており、弟は北生駒整骨院を運営していました。その中で、力を合わせて地域に貢献できる仕事をしたいと考え、2017年10月に共同事業を始めたんです。
 
八木 すると、整骨院を母体に、他の事業も展開されていったということでしょうか。
 
奥野 はい。整骨院は体に痛みがある方へのサポートが中心です。でも、痛みがなくても不調を感じる方はいます。それで、整骨院では対応ができない方々を1人でも多く助けたいと思い、事業を多角化したんです。立ち上げたのは、「BEAUth(ビュース)美容整体」、キックボクシングスタジオ「K-FielD」と児童発達支援・放課後等デイサービス施設の「おもちゃ箱いこま」です。
 
八木 それぞれの事業内容について、お聞かせください。
 
奥野 BEAUth美容整体は、ダイエットや産後の骨盤矯正など美容に役立つ施術を実施しています。K-FielDは、お子さんから一般の方まで、健康のため、運動不足やストレス解消のため、楽しく汗をかいていただける場所として立ち上げました。「おもちゃ箱いこま」は、発達障害が見られるお子さんに対して支援する施設です。
 
八木 支援とは、具体的にどのようなことを行うのですか。
 
奥野 例えば、視覚情報処理能力が弱いお子さんには、タブレット端末を使って楽しく集中力を鍛えるトレーニングを行います。すると、ものを見る力が養われていくんです。「発達障害は治らない」と言われていますが、改善はできるんですよ。同じ診断名でも、お子さんによって状態は違いますので、当事業所では個人に合わせたプログラムを作成してそれを適用しています。
 
八木 一人ひとりに合わせてくれるなら安心できますし、結果にも大いに期待が持てます。
 
glay-s1top.jpg
奥野剛志総院長(右)
奥野 おかげさまで、人とうまくコミュニケーションが取れなかったお子さんも会話ができるようになったなど、喜びの声をたくさんいただいています。お子さんたちが将来、暮らしに困らないような力をつけてくれれば嬉しいですね。
 
八木 お話をうかがって、利用者さんに対する温かい思いを感じました。この先も地域の皆さんが笑顔になれる場を提供していってください!
 
 
 
「仕事を楽しむ」とは‥
各施設の利用者の方々から喜びの声をいただいたときや、症状が改善していく姿を見ると、頑張ってくれているスタッフへの感謝の気持ちと、仕事への喜びが湧いてきます。
(奥野茂樹)
 

:: 企業情報 ::

株式会社K-FielD

〒630-0122 奈良県生駒市真弓2-5-1

ホームページ
http://ikoma-omochabako.com (おもちゃ箱いこま)
http://kitaikoma.com (北生駒整骨院)
http://kitaikoma.com/kickboxing (キックボクシングスタジオK-FielD)
http://beauth-seitai.com (BEAUth美容整体)

 
 
 
 

アーカイブ一覧

分野で選ぶ

バックナンバー

最新記事

話題の記事