B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

 
プロフィール 千葉県出身。高校卒業後、ドッグトレーニングの専門学校に進学し、オーストラリアの提携校への留学も経験した。卒業後はペットホテルに就職。 1年ほど勤務するも、店舗の閉鎖に伴い転職することに。動物病院や空港の検疫所で働く中で、自分の思いを実現するために起業を決意。2004年にペットケアサービス☆ユキLoop☆を立ち上げた。【ホームページ
 
 
 
千葉県佐倉市で、ペットシッターやペットホテルなどを手がける「ペットケアサービス☆ユキLoop(ループ)☆」。代表の杉村美幸氏はドッグトレーニングの専門学校で学び、自らの理想を実現するため2004年に開業したという。長年のキャリアを誇る杉村代表の動物との接し方は、ブームに乗じて開業する近年の業者とはまったく異なっている。動物への愛にあふれた取り組みに、愛猫家である女優の川上麻衣子氏も感動の声を上げていた。
 
 
 

海外に留学しドックトレーニングを学ぶ

 
glay-s1top.jpg
インタビュアー 川上麻衣子(女優)
川上 千葉県佐倉市でペットシッターやペットホテル、ドッグトレーニング、お散歩代行などを手がけるペットケアサービス☆ユキLoop☆さん。室内には犬や猫が10匹ほどいて、みんなすごく幸せそうな様子ですね。私も猫を3匹飼っていまして。旅行に行くときはペットホテルにお願いするようになって、本当に気分が楽になりましたよ。
 
杉村 今ここにいるのは、ペットホテルとしてお客様からお預かりしているペットと、里親が見つかるまで保護団体のボランティアとして預かっている保護犬なんですよ。
 
川上 そういえば、ユキLoopさんは動物の愛護活動にも力を入れているとお聞きしました。杉村代表が、動物に関わるお仕事を選んだきっかけを教えていただけますか。
 
杉村 私は小学生の頃から、将来は動物関係の仕事に就きたいと思っていました。最初は介助犬のトレーナーになろうと考えていたんです。高校卒業後はドッグトレーニングの専門学校に進学しまして。オーストラリアの提携校に留学した経験もあります。日本は犬を飼うときに、困ったことが起きてからトレーナーに見てもらう場合がほとんどですよね。しかし、オーストラリアでは犬を飼い始めたときにしつけ教室へ行くのが当たり前なんです。そんなトレーニングの先進国で学んだことをきっかけに、家庭犬のトレーナーを目指すようになりました。