B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

アトリエの名に相応しい 
高クオリティの歯科治療

 

芸術性を高めて健康な歯を保つ

 
glay-s1top.jpg
小笠原 私が最もこだわっているのは、患者さんご自身の歯を長く残すということ。作品というと語弊があるかもしれませんが、キレイで、長く、安心して使っていただける義歯や入れ歯を提供し、歯を美しくすることが歯科医院は求められます。治療中に患者さんにストレスをかけないことも含めて、歯科治療は芸術であるべきという思いを込め「デンタルアトリエ」と名付けました。
 
川﨑 小笠原院長と歯科技工士さんやスタッフ、そして患者さんとで一つの芸術品をつくり上げていく。演出家と役者、衣装や照明などの各担当者がそれぞれの役割を果たして一つの舞台をつくり上げていくようなものですね。
 
小笠原 はい。治療を終えた後、患者さんに「食事をしてもまったく違和感がない」と評価していただいたときや、義歯を付けた際、他の本物の歯と比べて遜色なく並んだときにはとても嬉しく思います。特に歯の色は個人差がありますので調整が難しく、自然な色に仕上がっているときにはワクワクしますよ。
 
川﨑 良い物ができあがるとワクワクする。やっぱり小笠原院長は芸術家でいらっしゃいますね。
 
glay-s1top.jpg
小笠原 ありがとうございます。ただ、保険診療の中で行う場合は、金属の補綴物を使用せざるを得ず、その場合はセラミックなどに比べて仕上がりが劣ってしまうことも。金属はアレルギーもあるので、治療前のカウンセリングで、できるだけ審美性に優れた材料を使用することを患者さんにはお勧めしています。
 
川﨑 歯の治療に使う金属って、アマルガムでしょう? 僕はかつて原因不明の体調不良に陥ったことがあって、調べるうちにアマルガムが原因ではないかと疑ったことがあるんです。それで、歯に詰めてある金属を全部取り除いたら、不思議と体調は良くなりました。
 
小笠原 川﨑さんのように、金属の補綴物をセラミックに取り替えたら身体が軽くなったとおっしゃる方は確かにいます。治療費のことがあるので、全ての方に提供できないのが残念ですが、カウンセリングのうえ、患者さんにとって最善の策をとれればいいですね。当院を訪れた患者さんが「あの歯科医院はいいよ」とご家族やご友人を紹介してくださるよう、今後も努力していきます。
 
 
 
「仕事を楽しむ」とは‥
私は「医療は愛情」と考えています。同様に、「仕事も愛情」だと思います。歯や噛むことの不具合は皆さんの健康やライフスタイルに大きく影響しますので、しっかり愛情を持って、丁寧な治療をしていきたいですね。
(小笠原慶一)
 
 :: 事業所概要 :: 
  ■ 事業所名 デンタルアトリエ自由が丘歯科
■ 所在地 〒158-0083 東京都世田谷区奥沢5-30-8 アプロード自由が丘2F
■ 事業内容 歯科医院
■ 設立 平成29年9月
■ 従業員数 4名
■ ホームページ http://dental-atelier-jiyugaoka.com
 
 
 
 

アーカイブ一覧

分野で選ぶ

バックナンバー

最新記事

話題の記事