B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

 
プロフィール 長野県出身。歯科医のおじをはじめ、親戚に医療関係者がいたことから、幼い頃より歯科医になることを意識して育つ。松本歯科大学を卒業後、臨床研修を経て東京都内の歯科医院に勤務。後に副院長を務めて数多くの症例に接し、満を持して2017年に独立、デンタルアトリエ自由が丘を開業した。夫人も歯科医であり、現在副院長を務めている。【ホームページ
 
 
 
インプラントが普及してきた昨今、安易に抜歯を提案する歯科医が増えているという。そうした中、デンタルアトリエ自由が丘歯科の小笠原慶一院長は「できるだけ歯を抜かず、削らず、歯の寿命を延ばす」という当然のことに心を砕き、患者から信頼を得ている。小児から高齢者まで、一般歯科から審美・矯正まで幅広いニーズに対応。“アトリエ”の屋号に恥じぬ高い技術と最新の設備を用いた治療は、まさに芸術と呼ぶに相応しい。
 
 
 

通いやすい歯科医院を目指して

 
glay-s1top.jpg
インタビュアー 川﨑麻世(タレント)
川﨑 デンタルアトリエ自由が丘さんは、透明感のある素敵な内装ですね。明るい日差しが入り、とても開放的です。駅からも近いので、患者さんも通院しやすいですね。
 
小笠原 一般的に、好んで歯科医院に通う方はあまりいらっしゃいませんからね。治療を続けやすいよう交通アクセスの良い立地を選び、内装にもこだわりました。
 
川﨑 自由が丘駅の近辺は昔から馴染みがあり、行きつけのお店も多いのですが、さすがに歯医者さんに行きつけはないなぁ(笑)。
 
小笠原 芸能人の方だと、かかりつけの歯科医をお持ちかと思っていました。今のお話だとそうでもないんですね。
 
川﨑 歯科医院はたいてい予約制でしょう? 予約をしていても、その時間に仕事が入ると、そちらを優先しちゃうんですよね。また、治療を始めると舞台やミュージカルの発声にも影響する気がして、ついつい消極的になってしまって。実は今も、詰め物が取れた状態で放っている歯があるんですよ。
 
小笠原 それはいけませんね。放置しているとどんどん虫歯が進行しますから、一刻も早く治療することをおすすめしますよ。
 
 
 
 

アーカイブ一覧

分野で選ぶ

バックナンバー

最新記事

話題の記事