B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

 
プロフィール 東京都出身。高校卒業後、飲食店のアルバイトを経て、大手建材メーカーの卸会社に就職。あらゆるメーカー、種類の建材を取り扱い、広く深い商品知識を身につけた。取り引きのあった職人からの応援もあり、2016年11月に独立。(同)フランガーデンを立ち上げ、業務執行社員に就任。豊富な知識を土台にした提案と、腕利きの職人をまとめあげるディレクションで、数々のエクステリア工事を手がけている。【ホームページ
 
 
 
羽村市を中心に、東京都でエクステリアと庭の設計施工を手がけている、合同会社フランガーデン。業者間の争いが激化しているエクステリア工事の業界で、着実に成長を続けている会社だ。他社に差をつける強みの一つが、業務執行社員の秋吉貢蔵氏が持つ、豊富な建材知識にある。独立前は、エクステリア建材の卸会社に5年間勤務していた秋吉代表。その経験を最大限に活かした提案で、多くの施主から深い信頼を得ている。
 
 
 

顧客とも仲間意識を持ち末永くお付き合い

 
glay-s1top.jpg
インタビュアー 川村ゆきえ(タレント)
川村 天然木のウッドデッキなど、施主のライフスタイルに合ったエクステリアや庭を手がける、フランガーデンさん。競争が激化している外構工事業界にありながら、2016年の創業以来、着実に成長を続けておられるそうですね。
 
秋吉 ありがとうございます。お客様や職人さんとの関係性を大切に、一つひとつの工事を手がけてきたことが結果に表れているんだと思います。
 
川村 お客さんとの関係性ですか。例えば、どんなことを意識していますか?
 
秋吉 施工が終わってからも「近所まで来たので挨拶に寄りました」と訪問できるような、継続的なお付き合いを意識しています。
 
川村 完成後も終わらない“仲間”のような関係ですね。そのためには、まずお客さんから信頼してもらう必要があるかと思います。
 
秋吉 その通りで、私の場合は知識が大きな強みになっています。幅広い商品知識を持ち、お客様の疑問を素早く解消することで、相見積もりの段階からでも、信頼していただけるんですよ。
 
川村 「この人なら任せても安心」と思ってもらえること。それが、フランガーデンさんが選ばれる理由なんですね!
 
 
 
 

アーカイブ一覧

分野で選ぶ

バックナンバー

最新記事

話題の記事