B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

 
プロフィール 山口県出身。兵庫県姫路市育ち。姫路商業高等学校で陸上競技をスタートし、兵庫大学でも短距離走の選手として活躍した。大学卒業後は、在学中からアルバイトをしていた大手スポーツジムに就職。高校時代から志望していたトレーナーとして、様々なスキルを身につけた。2014年にOKADA Training Studioをオープン。姫路市を中心に、未就学児からシニアまで、幅広い年代をサポートしている。【ホームページ
 
 
 
目標を定めてトレーニングジムに通っても、すぐに足が遠のいてしまう。そんな人は、そもそもの目標設定が間違っているのかもしれない。「結果よりも大事なのは、楽しく体を動かせるトレーニング内容」と語るのは、OKADA Training Studio(オカダトレーニングスタジオ)の岡田敏彦代表だ。同スタジオでは、どんな工夫を施しているのか。テーラーメイド型トレーニングシステムと呼ぶ、食事制限やトレーニングの強制が一切ない岡田式メソッドについて語ってもらった。
 
 
 

指導者になるべく学生時代も自ら考えて練習

 
glay-s1top.jpg
インタビュアー 八木裕(野球解説者)
八木 本日お邪魔しているのはJR姫路駅にほど近いパーソナルトレーニングスタジオ、OKADA Training Studioさん。岡田代表は、いつからトレーナーになろうと考えていたんでしょう?
 
岡田 陸上の短距離走を始めた高校時代には考えていましたね。将来指導者になることを想定して、当時から自分でトレーニングメニューを組んでいました。大学はスポーツを学べる学科があるので兵庫大学を選び、部員の自主性を尊重してくれると聞いていた、陸上部に入りました。
 
八木 岡田代表は若い頃から深く考え、明確な目標を持ってトレーニングに励まれていたんですね。では実際に、トレーナーとしてスポーツクラブで働き出したのはいつからなんですか?
 
岡田 大学時代に大手スポーツクラブでアルバイトをしたのが最初でしたね。そして、そのままそこに就職しました。その中で多くの方にトレーニング指導をしながら、私なりの理想とするトレーニングメソッドを確立していったんです。そして2014年、27歳のときに独立しました。ちなみに私は今でも現役で陸上を続けていましてね。2016年は100m、2017年は200m走で自己新記録を更新しました。
 
八木 それはすごい! 高校時代から始まり、約10年の歳月を費やしてつくりあげた岡田式メソッド、非常に興味がありますね。じっくり聞かせていただきたいです。
 
 
 
 

アーカイブ一覧

分野で選ぶ

バックナンバー

最新記事

話題の記事