B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

 
glay-s1top.jpg
インタビュアー 城彰二(サッカー元日本代表)
 社寺仏閣の建物や額などに彫刻を施すという、とても貴重で珍しいお仕事をされている豊田彫刻工房さん。豊田社長は2代目だと聞いています。
 
豊田 ええ。10代の頃は、人生にレールを敷かれているようで、跡を継ぐ気はなかったんですけどね(笑)。創業者の父に「会社は継がない」と宣言して大学の英文科に入学しました。でも在学中は、「自分が継がなかったら、父の仕事はどうなるんだろうか。家業に入るべきではないか」という葛藤がありました。結果、家業を継ぐことにして卒業と同時に修業を始めたんです。
 
 修業時代は職人さんとの関係で悩むこともあったでしょうね。
 
豊田 中卒で修業をしてきた職人も多い中、遠回りをしてきたことにコンプレックスはありましたし、回り道をした自覚もありました。でもその分、違う世界を見て、様々な経験ができたので、寄り道をしたことは今になって振り返ると良かったと思います。
 
 修業に没頭する前に、幅広い経験をしたことを糧にしてこの道に入られたわけだ。では、具体的に事業内容についてお聞きします。手がける彫刻は新築が多いんですか。
 
豊田 新築もありますし、古い社寺の彫刻を修復することもあります。新築の場合、近年は防火法などの関係で、コンクリートや繊維強化プラスチックなどの素材で製作することも多くなりましたね。
 
 なるほど、今や社寺仏閣も木造ばかりではないですからね。新築を手がける場合はもちろんのこと、修復するときは貴重な彫刻に触るのだから緊張感があるだろうなぁ。
 
glay-s1top.jpg
貴重な彫刻を修復するのも重要な仕事の一つ
豊田 おっしゃる通りです。先人が彫った彫刻を修復するわけですから、軽い気持ちではできません。欠けている部分があれば、どのように彫られていたのか想像力を働かせて彫り直すこともあります。これまで積み重ねてきた伝統を、確実に未来へつなげるのが私たちの責任です。
 
 古い彫刻を蘇らせて次の世代へ引き継ぐ。日本の文化を継承する重要なお仕事だと思います。