B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

 
プロフィール 埼玉県出身。自身が納得できる仕事を求め、会社員として様々な業界で経験を積む。その後、大手家電メーカーの修理代理店として独立。実績が認められ2015年に法人化し、(株)Taskとした。ドローンの空撮を趣味で行っていたところ、口コミが広がり仕事の依頼も来るようになったことをきっかけに、スクール運営を開始。建設業や土木業、役所などで測量や防災に携わる人々を中心に人気を博している。【ホームページ
 
 
 
測量や防災、そしてテレビや映画の撮影にと活躍の幅を広げる無人航空機ドローン。その操縦方法を教えるスクールを運営するのが、株式会社Task(タスク)だ。代表取締役の吉田靖彦氏は、ドローンの魅力を知り自ら空撮などを楽しんでいた。それが発展しスクールの開校につながったのだという。今後はドローンの仕事を卒業生に紹介する事業、卒業生と連携した災害救援NPO設立を進めている。
 
 
 

ドローンの正しい操縦を教えるスクール

 
glay-s1top.jpg
インタビュアー 川上麻衣子(女優)
川上 事業用ドローンパイロット養成スクール「日本UAV事業パイロット養成センターSAITAMA」を運営するTaskさん。今日はまず、実際にドローンの操縦を見せていただけるということで、とても楽しみにしています。吉田社長、お願いできますか。
 
吉田 わかりました。それでは飛ばしますよ。
 
川上 うわあ、こんなに間近でドローンが飛ぶ姿を見たのは初めてです。まるで生きているみたいに動きますね!
 
吉田 ドローンにはGPSが搭載されていて、位置情報を把握しながら自力で飛びますからね。実は、部屋の中ではGPS機能は使えなくなるのですが、現在のドローンはまた違った機能を使っているので、部屋の中でも飛行が可能なんですよ。
 
川上 だから、人格があるかのように見えるんですね。空中から生き物に見つめられているような感じすらします(笑)。でも、万が一にも飛行中のドローンが故障したり、墜落したりしたら怖いですね。ドローンパイロット養成スクールというのは、そうした事故を防ぐために正しい操縦方法を学ぶ場所なのでしょうか。
 
吉田 おっしゃる通りですね。現在、ドローンの操縦には免許や国家資格が必要なく、誰でも飛ばすことができます。そのため自己流で操縦する人も多いんですよ。しかし、ドローンは無人で空を飛ぶ「航空機」ですから、墜落させると大変なことになってしまいます。
 
 
 
 

アーカイブ一覧

分野で選ぶ

バックナンバー

最新記事

話題の記事