B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

 
プロフィール 千葉県出身。18歳で運転免許取得後、トラックドライバーとして運送会社に入社して約20年間勤務。2014年1月に独立し、BAシステム(株)を創業。信頼のできるドライバーたちと共に運送業を円滑に推進し、関東一円への一般貨物運送事業を展開。また、経営者として会社の信用・信頼の確保を目指した経営に専念している。【ホームページ
 
 
 
千葉県千葉市を中心に関東一円への一般貨物運送を担うBAシステム(ビーエーシステム)株式会社には、2つのトレードマークがある。よく整備されたトラックと、イキイキと働くドライバーの笑顔だ。「会社の顔はお客様と接するドライバー。経営者はその働きを支える裏方です」と語る中古隆一代表取締役の言葉は、ドライバー職の重要性を知るからこそ。その気持ちが仲間に伝わり、「信用・信頼・安心」のネットワークが拡がって、届け先のもとへ笑顔が運ばれていく。
 
 
 

業界一筋で20年以上!

 
glay-s1top.jpg
インタビュアー 石黒彩 (タレント)
石黒 千葉県で運送会社を営むBAシステムさんにお邪魔しています。中古社長はこの業界一筋、20年以上になるそうですね。業界に入ったきっかけを教えてください。
 
中古 トラックドライバーの仕事は当時、手っ取り早く稼げる仕事でしてね。免許を取って働き出したのが18歳の頃でした。最初は社会人としての経験も浅かったので、緊張していましたよ。仕事に対する責任感なども、給料をもらうことで覚えていくような感じでしたね。
 
石黒 どんなところにやりがいがあったのですか?
 
中古 荷物を届けると、お客様に褒めていただけることがあるんです。褒めてもらえると、人間、嬉しいじゃないですか。だからやる気がでますよね。社長になると、ほめられる機会がありません(笑)。
 
石黒 なるほど(笑)。中古社長は長年ドライバーをしていたから、従業員の気持ちもよくわかってくれそう。
 
中古 結局のところ、運送会社の価値を決めるのは会社や社長の方針じゃないと思うんです。実際にお客様に接するのは、届け先に行くドライバーですからね。つまり、ドライバーがきちんとした仕事を誠実にこなすことが、会社の姿を映す鏡になる。ドライバーの仕事ぶりを見たお客様が感じる「信用・信頼・安心」が、弊社の名刺の役割を果たすわけです。そういう仕事をしてもらえるように働きかけるのが私の仕事だと思っています。
 
 
 
 

アーカイブ一覧

分野で選ぶ

バックナンバー

最新記事

話題の記事