B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

 
プロフィール 群馬県出身。大学在学中に音楽を聴き始めたことをきっかけに、エレキギターとベースに興味を持つ。音への好奇心から楽器を自作したことで本格的に学ぶことに。楽器製作の専門学校に入学。在学中から楽器店でリペアの経験を積んだ。卒業後は群馬でウクレレづくりに従事。3年の在籍期間に楽器に関わる3つの特許の取得に絡む。2016年1月、大学生の頃から目指していたギターメーカー創設の夢を叶え、独立した。【ホームページ
 
 
 
楽器産業が盛んな都道府県といえば、静岡や長野が挙げられる。それぞれピアノ、ギターの産地として有名だが、隠れた産地として、ぜひ群馬県も知ってもらいたい。夏は暑く冬は寒い群馬県。日本の中でも過酷な環境だからこそ、楽器の製造に適していると藤原達矢氏は語る。奏者のことを考え尽くされたオールハンドメイドギターは、名だたるプロにも愛用されている。ギターづくりに込めた氏の思いに、大竹真アナウンサーが熱く迫った。
 
 
 

楽器づくりが盛んな群馬から特製ギターを

 
glay-s1top.jpg
インタビュアー 大竹真(フリーアナウンサー)
大竹 ギターメーカーのリーガル・ギター・インストゥルメンツさん。具体的に、どのようなお仕事を?
 
藤原 ギターのオーダーメイドやリペア、エフェクターの電子回路設計にアンプの設計修理も行います。プロのアーティストやアマチュアの方々、楽器店やスタジオ、ライブハウスが主なお客様ですね。
 
大竹 プロアマ問わず、ギター好きならウェルカムなんですね。失礼ながら群馬県に楽器のイメージがないんですよ。静岡や長野で盛んなのは有名ですが・・・。
 
藤原 意外にも群馬の楽器づくりも盛んですよ(笑)。例えばウクレレ生産は国内一ですし、楽器の金属パーツでシェア世界一の企業もあるんです。それに、ギターづくりにも適した土地だと思いますね。寒暖差と湿度の波が大きい環境が、ギターの質を左右する木材の保管にふさわしいのです。当然、反りが出たり捩じれたり割れたりもします。しかし、そこを乗り越えた木材だと、様々な演奏環境にも耐えうる強靭さを持つんですよ。
 
大竹 材料の段階であえて過酷な環境に晒すことで、タフなギターが生まれるということですね。