B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

 
プロフィール 東京都出身。小学校から高校までサッカーに打ち込む。早稲田大学スポーツ科学部に進学し、アメフト部のトレーナーとして4年間チームを支えた。さらにトレーナーとしての知識を深めるため大学院に進学、在学中にコンディショニングトレーナーを務めていた早稲田大学テニス部では全国制覇も経験。大学院卒業後は東京リゾート&スポーツ専門学校に入社し、教員を務めた。2年後の2014年、スポーツの現場に戻るために独立。理想の「スポーツ村」建設を目指し、United Performanceを設立した。【ホームページ
 
 
 
テレビで観れば華やかなプロスポーツの世界だが、活躍する選手の裏には、志半ばで挫折する選手もいる。その明暗を支える存在の一つが、トレーナーだ。選手のコンディションを保ち、足りない力を補う重要なポジションだが、日本ではまだまだその価値が認められていない。United Performanceの荒井進之介代表は、欧米のようなスポーツ環境構築とトレーナーの地位向上を目指して育成に携わっている。その夢は「スポーツ村の建設」と広大だ。
 
 
 

選手と一緒の舞台に立てる仕事に

 
150304_k2136_g01.jpg
インタビュアー 城彰二(サッカー元日本代表)
 ユナイテッドパフォーマンスの荒井代表は、スポーツトレーナーだそうですね。プロアスリートにとっては身近な存在ですが、一般にはまだ、さほど認知されていない職業だと思います。どうしてトレーナーになろうと思ったんですか?
 
荒井 小学生の頃からサッカーをやっていまして、城さんのようにプロ選手になりたかったんです。でも、高校生くらいになると自分の力量がわかってきますよね。なので、例えプロになれなくてもサッカー、そしてスポーツが好きだから、選手と一緒の舞台に立てる仕事に就きたいと考えました。
 そんな時、Jリーグの試合で選手のケアをするトレーナーの姿を目にし、純粋にかっこいいなぁと感じたんです。それで、大学に進学してからはアメフト部のトレーナーをして、その役割を学び始めました。かなり濃密な4年間でしたね。授業が終わったらすぐグラウンドに行って、オフの日でも選手から電話がかかってきてトレーニングルームに駆けつけたり・・・。
 
 ああ、急にトレーニングしたくなったとか、コンディションに不安を感じたとかでトレーナーを呼び出す選手っていますよね(笑)。
 
荒井 そうですね。忙しい毎日でした。しかも在学中に、短期間でしたがアメリカのポートランド州立大学に留学もしたんです。そこで目にした光景が、本格的に職業としてのトレーナーを目指すきっかけともなりました。 
 
 
 
 

アーカイブ一覧

分野で選ぶ

バックナンバー

最新記事

話題の記事