B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

顧客ファーストを追求し
鉄筋工事で信頼を築く

 

チーム斗建工業で日本の建築の土台をつくる

 
glay-s1top.jpg
畑山 斗建工業さんの強みは何だとお考えですか?
 
橋本 高い施工技術ですね。現在、私以外に4名の従業員がいます。上は50代で、他の現場で豊富な経験を積んできた職人たちなんですよ。そんな腕利きの職人同士がチームとして協力し合う環境を整えています。なので、現場での対応力、調整力、判断力にも大きな自信がありますね。これからも、業界の常識にとらわれず、顧客ファーストを追求する鉄筋職人の集団であり続けます。
 
畑山 国や大手ゼネコンから依頼が殺到するのは、高い技術力と、仕事への姿勢が高く評価されているからなんでしょうね。そんな素敵な仲間との仕事は、やりがいも大きいのではないでしょうか。
 
橋本 おっしゃる通りです。他の同業者の方たちとも協力しながら建物が完成した際は、やはりやりがいを強く感じます! また、工事が終わった現場に子どもと足を運ぶ機会も多く、「あそこはお父さんが手がけたんだよ」と話すと「すごーい!」と喜んでくれるんです(笑)。子どもの反応を見るたびに、鉄筋工事の仕事をしていて良かったと感じます。
 
glay-s1top.jpg
畑山 形に残る仕事ならではの感動ですね。今後はさらに仲間を増やす予定ですか?
 
橋本 はい。新型コロナウイルスの影響で一時期は仕事量も減ったものの、だんだんとまた仕事が増えてきています。より大きなプロジェクトにチーム斗建工業として挑戦していくために、日本の建物の土台を一緒につくっていくメンバーを現在募集していきます。次世代まで残る建物を一緒に手がける仲間と出会えたら嬉しいです。
 
畑山 私も若いときにとび職のバイトを半年間経験しました。建築現場ってきつい言葉を投げかけられるなど、若い人がなかなか定着しにくい面もあるかなとも思います。実際はどうでしょうか?
 
橋本 人材の育成は業界の大きな課題です。でも、今の時代は畑山さんのときのようなきつい言葉でしごかれるという世界ではないですよ(笑)。少なくとも、斗建工業では優しく丁寧に教えていきます。また、女性でも活躍できる部分も多々ありますしね。
 
畑山 人材育成の面でも柔軟に対応しておられるわけだ。ますます、チーム斗建工業のこれからが楽しみになってきましたよ。ぜひ、今後も頑張ってくださいね!
 
 
 
「仕事を楽しむ」とは‥
やはり、私が仕事で携わった建物を見て、子どもが喜んでくれる瞬間が一番嬉しいですね。それが、何よりもの仕事の楽しみになっています。
(橋本佑斗)
 
 :: 事業所概要 :: 
  ■ 事業所名 斗建工業
■ 所在地 〒653-0827 兵庫県神戸市長田区上池田3-20-21-603
■ 事業内容 鉄筋工事全般
■ 設立 平成22年1月
■ 従業員数 4名
 
 
 
 

アーカイブ一覧

分野で選ぶ

バックナンバー

最新記事

話題の記事