B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

工業機械の中古販売は
安心・安全と信用が第一

 

独立を後押しした強い郷土愛

 
glay-s1top.jpg
小倉 御社では中古機械の販売のほかに、工場内の機械移設や修理サービスも行っているんですね。
 
髙橋 はい。工場内機械移設とは、工場内で使用されている工作機械等のレイアウト変更で、各企業様の仕事の効率アップのためや、新品機械、中古機械の搬出時で生まれるデッドスペースをなくすための作業です。この実労働こそ、重量部隊の腕の見せ所ですね。10t前後ある機械を限られたスペースと時間内で行うので、作業員の技量の良し悪しで差が出ますし、出来栄え次第でリピート仕事につながる重要な仕事と言えます。移設の際は機器の搬出・運搬・搬入の手続きまで行いますし、アフターメンテナンスの技術にも自信がありますよ。
 
小倉 いずれも中古機械の販売にも関わる作業ですね。主軸事業のノウハウがしっかりと活かされている印象です。ところで、髙橋社長が現在の仕事に就くまでの経緯についてもぜひうかがいたいです。
 
髙橋 22歳のときに大手光学機器メーカーに就職し、約10年勤めました。国立大学出身の同期ばかりがいる中で、高卒だったのは私ぐらいでしたね。でも、まったく未知の世界だったぶん毎日が刺激的でしたよ。退職した理由は、転勤で地元・名古屋から離れるのが嫌だったからです(笑)。
 
小倉 キャリアよりも、郷土愛を選んだわけですか!
 
glay-s1top.jpg
髙橋 妻も「私も名古屋がいいから」と言っていたくらい、夫婦で名古屋が大好きなんですよ。
 
小倉 奥様も素敵な方ですね。そのタイミングで退職されたことで、今の業界に進まれたんですね。
 
髙橋 はい。中古機械を扱う企業の社長さんから誘われて、この業界に入りました。それが33歳のときなので、この2021年でもう20年になりますね。それだけのキャリアを刻めたのも、その社長さんが師匠となり、厳しく育ててくださったからこそです。
 
小倉 その20年間を経て、今、新たに取り組みたいことがあれば教えてください。
 
髙橋 地域貢献ですね。今も名東区にある歩道橋のネーミングライツに参加し、弊社の名前をつけて管理しているんです。自分を育ててくれた名古屋に恩返しするために、今後もさまざまな活動をしていきたいと思っています。
 
小倉 若い頃から抱いてきた名古屋への郷土愛が、形になってきているんですね。聞いていてわくわくしてきますよ。海外挑戦など共通点もあり、髙橋社長とお話ししていて楽しかったです。今後も頑張ってください!
 
 
 
「仕事を楽しむ」とは‥
人生を楽しむことに尽きますね。仕事は人生そのものだと思うので、体が動くうちは仕事 をして、人生を楽しんでいきたいです!
(髙橋忠恭)
 
 :: 会社概要 :: 
  ■ 社名 株式会社メイトウキカイサービス
■ 本社 〒465-0077 愛知県名古屋市名東区植園町3-12
■ 事業内容 工作機械・鍛圧機械の移設および修理サービス/中古工作機械・鍛圧機械販売
■ 設立 令和2年3月
■ 従業員数 2名
■ 主な取引先 株式会社新栄商会/株式会社昌平貿易
■ ホームページ https://meitoukikai.jp/
 
 
 
 

アーカイブ一覧

分野で選ぶ

バックナンバー

最新記事

話題の記事