B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

運送業の新たな可能性を
自由な発想で追求する

 

ドライバーファーストで高品質のサービスを

 
glay-s1top.jpg
名高 後藤社長が事業で大切にしていることを教えてください。
 
後藤 荷主様、荷受け様の笑顔をいただくのは現場のドライバーです。一人ひとりの社員をサポートすることが、お客様から信頼をいただくことにつながります。ドライバーがいきいきと働くことができれば、成果となり笑顔をいただき、ドライバーのお給料に反映できます。個人事業主時代の自分が抱いていた不安を味わってほしくないという思いもあります。
 
名高 そのお心遣いは、こだまとなってお客さんにも伝わると思います。気持ちにゆとりを持って働いているドライバーさんだと、安心して運送を任せられるし、物を受け取った人も嬉しいでしょう。
 
後藤 光栄です。私は、日本一風通しの良い会社を目指しています。時には褒めたり、注意したりしながら、可能な限り要望に応えていきたいです。
 
名高 素晴らしい。時代に即した多様な働き方を大事にされているということが、よくわかります。
 
後藤 私の理念は、「All for one, One for all」。関わるすべての人を幸せにするのが目標です。人材育成にも注力していまして。人生は有限=創造力は無限と考えています。
 
名高 「みんなはひとりのために、ひとりはみんなのために」。人を大事にするからこそ、仕事を楽しめる。そんな価値観が伝わってくる言葉ですね。後藤社長にとって仕事とは、利益を得ること以上に、人や社会とつながる手段であるように感じます。今後について、どのようなビジョンを持っておられますか?
 
glay-s1top.jpg
後藤 空き家問題に関心を持っています。昨今では、家を相続しない方々が増えております。少子高齢化に伴う社会問題へのアプローチとして、残された家財などを撤去するサービスを構想しています。産廃業に関する許可を受け、人々が処分しづらい物を弊社が引き受けていきたいです。私事情ではありますが、宅地建物取引士を取得すれば不動産業を生業にできる地盤を築いております。
 
名高 多彩な運送サービスのみならず、遺品や廃品の処分、さらには不動産事業まで! 福利厚生や雇用創出も含め、後藤社長の取り組みは、困っている人の支えになる社会貢献事業といってもいいと思います。やるべきことはたくさんあるでしょう。どうか頑張ってください。カーゴワークスさんの今後が楽しみです!
 
 
 
「仕事を楽しむ」とは‥
行動こそ真実です。相手様の立場になり、共鳴・共感・共存を得られる経営者になることが私の使命です。仕事は楽しんでこそ人生の醍醐味です。
(後藤和弘)
 
 :: 会社概要 :: 
  ■ 社名 株式会社カーゴワークス
■ 本社 〒242-0022 神奈川県大和市柳橋4-8-8
■ 事業内容 軽貨物運送
■ 設立 令和2年9月
■ 従業員数 2名(+現協力会社6名)
■ 主な取引先 株式会社クーネル/有限会社ミヤアートグラフィック/有限会社大一不動産 /ヘアーサロンクロサワ/トラットリア ピュー/
■ ホームページ http://cargoworks.co.jp
 
 
 
 

アーカイブ一覧

分野で選ぶ

バックナンバー

最新記事

話題の記事