B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

骨盤矯正から小児鍼まで 親子をケアする整骨院!
堺なかもず整骨院 代表 泉並敦

 
プロフィール 大阪府出身。社会人の第一歩目は人材派遣会社で、営業職に従事した。その後、より誰かの役に立つ仕事に就きたい思いで、大阪市内の整骨院に転職。骨盤矯正などのノウハウを学んだ。2019年に独立し、堺なかもず整骨院を開院。産前・産後の骨盤矯正やマタニティ整体を中心に施術を展開するほか、ヨガ・ピラティス教室や抱っこレッスンの開催など、多角的に妊娠中や産後の女性をサポートしている。【ホームページ
 
 
 
産前・産後の骨盤矯正やマタニティ整体をメインに、女性が抱える体の不調の悩みを解消する堺なかもず整骨院。治療だけでなく、プロの講師による体に負担をかけない抱っこレッスンを開催するなど、多角的にママを支える心強い存在だ。そんな悩める女性の駆け込み寺を運営する泉並敦代表のモットーは、患者の本音を聞き出し、不安な心に寄り添うこと。治療家の常識や固定観念にとらわれない、泉並メソッドに迫った。
 
 
 

骨盤矯正のノウハウを身に付け、堺市で独立

 
glay-s1top.jpg
インタビュアー 濱中治(野球解説者)
濱中 今日は、大阪府堺市にある堺なかもず整骨院さんにお邪魔しています。南海電鉄百舌鳥八幡・三国ヶ丘・中百舌鳥と、3つの駅から徒歩圏内という便利な立地が嬉しいところですね。この辺はマンションが多く、子育て世代に人気のエリアだと聞きました。
 
泉並 ええ。なので、患者様の多くが20代から40代のママさんなんですよ。看板にピンクを使っているのも、白をメインにした清潔感溢れる内装にこだわったのも、女性が気兼ねなくお子様とご来院いただけるように、との思いからなんです。
 
濱中 まるで保育園のように明るく開放感のある雰囲気は、従来の整骨院のイメージを刷新しますね。それではさっそく、泉並代表のご経歴からお聞かせください。
 
泉並 以前は人材派遣会社で営業職に従事していたものの、次第に、人と接することが好きという自分の長所を活かしてもっと誰かの役に立つ仕事をしたいと考えるようになりました。もともと陸上競技の経験があったこともあり、アスリートの体のケアをしたいと思った私は、大阪市内のとある整骨院に転職したんです。併せて柔道整復師の資格も取って、10年ほど勤務しました。
 
濱中 治療家というと、単に体の不調の改善をするだけでなく、患者さんとのコミュニケーションも重要ですからね。泉並代表がやりたかった仕事そのものだったのではないでしょうか。
 
 
 
 

アーカイブ一覧

分野で選ぶ

バックナンバー

最新記事

話題の記事