B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

親身な相談で安心・納得 遺族の心に寄り添う葬儀
株式会社エンディングライフ 代表取締役社長 江幡昌哉

 
glay-s1top.jpg
インタビュアー 矢部美穂(タレント)
矢部 株式会社エンディングライフの江幡社長と、葬祭ディレクターの片岡諒大さん。今日は、葬儀に関する基礎知識からエンディングライフさんの特色まで、詳しくうかがいたいと思います。
 
江幡 弊社のモットーは「相談できるお葬式」です。葬儀は故人様やご遺族の意思が反映されないことが少なくありません。大半の方が、病院と提携している葬儀会社に依頼したり、互助会やネット紹介の葬儀会社の画一的なセットプランを選んだりしているのが現状です。
 
矢部 確かに、大切な人を亡くした直後に、冷静に葬儀会社を選ぶのは難しいですよね。私を含め、葬儀についての予備知識がなく、いざという時にどうしたらいいかわからない方も多いでしょう。そこで親身に相談に乗ってくれるのが葬儀会社さんだと思っていました。
 
江幡 残念ながら、悪い言い方をすれば、流れ作業のようにプラン通りに進めるというケースも多いんです。大きなライフイベントであり、費用もかかるのに、選択肢があまりにも少ない。この業界の慣習に疑問を抱き、私たちが取り組んでいるのが「相談できるお葬式」です。
 
故人や遺族の希望を汲んだ葬儀を提案
矢部 具体的には、どのような相談ができるのですか?
 
江幡 価格設定をオープンにし、ご希望に沿った取捨選択制のプランをおつくりします。比重を置きたいポイントは人それぞれですので、「ここはこだわりたい」「ここは省きたい」といった細かいご要望にもお応えしますよ。また、存命のうちにご本人から「こういうお葬式がしたい」というご相談も大歓迎です。多くの葬儀会社は、ご本人が亡くなって初めてご遺族とコンタクトをとるので、事前相談も業界では新しい試みだと思っています。
 
矢部 これなら自分の思い描くお葬式ができそう。取捨選択制のオーダーメイドプランというと、結婚式に似ていますね。
 
 
 
 

アーカイブ一覧

分野で選ぶ

バックナンバー

最新記事

話題の記事