B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

真っ直ぐな人間力で担う
建築の匠にすべてお任せ

 

付加価値の創造で他社と差別化

 
glay-s1top.jpg
宮地 鳶職から始めた段木社長が多様な職種と建築現場で経験を積み、満を持して萬屋を法人化したまでの流れが理解できました。では、事業内容についても詳しく教えてください。
 
段木 私の建築業界でのスタートが鳶職だったこともあり、弊社の主な事業は建築物の外まわり関係ですね。例えば、修繕工事と呼ばれる足場基礎工事、外構工事、土木工事などで、戸建てから工場・施設・マンションまで、工事規模は大小問わず対応しております。それと改修工事も多く、設備導入時の付帯工事や耐震補強、バリアフリー改修工事など、安全面と機能性の向上させる工事実績も豊富です。
 
宮地 大規模工事から戸建てまで、大小問わず手がけておられるので安心感がありますね。
 
段木 そのほか、主に個人宅を対象としたリノベーション事業も展開しています。建物の全面改修から、部分的な修理と改善など、お客様のお困りごとに向き合いながら、快適に過ごしていただけるよう尽力していますよ。
 
glay-s1top.jpg 萬屋が手がけたリフォームの施工事例
萬屋が手がけたリフォームの施工事例
宮地 なるほど。営繕事業とリノベーション事業で、建物の外側内側をすべてカバーしながら会社運営をされているわけですね。社名の通り、住まいに関することなら萬屋さんに全部お任せできる印象です! 競合するライバル会社も多い中、他社との差別化や会社の強みはどのように考えていますか?
 
段木 付加価値の創造ですね。先ほども少しお話しした通り、私は与えられた仕事をこなすだけでは価値は生まれないと考えているんです。お客様のご要望に限りなく近づけるのがプロの仕事であり、弊社の工事を通して新しい何かを生み出せるよう全力で取り組み、お客様に「萬屋でないと困る」と言われるくらいの存在を目指しています。
 
宮地 段木社長の仕事に対する情熱が伝わってきます。お客さんの要望に寄り添うには、コミュニケーションやヒアリングがとても重要そうですね。
 
段木 おっしゃる通りです。職人は仕事を覚えてくると、お客様の要望に対して疎くなったり、我を通して耳を傾けなくなってしまったりすることも少なくありません。私は、それは違うと考えていて、弊社ではあくまでもお客様の目線に立つことが前提です。素直に意見を聞ける職人だからこそ、質の高い仕事にもつながるもの。技術や知識を求められる職人であるのと同様に、人間性も大事だと考えています。
 
 
 
 

アーカイブ一覧

分野で選ぶ

バックナンバー

最新記事

話題の記事