B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

磨き上げた知識と技術で 究極のグラブを提供
山本グラブスタジオ 代表 山本鉄也

 
プロフィール プロ野球選手を目指し、小学3年生から中学、高校と野球に取り組んでいた。当時からグローブが好きで友人の硬い新品グローブの型付けをすることもあった。大学進学、中退を経てアルバイト生活を経験しその後個人事業主としてグローブの型付け事業、山本グラブスタジオをスタート。現在はオリジナルブランド・オーダーメイドのグラブ販売も行い、高い技術と製品品質で多くのファンを獲得している。【ホームページ
 
 
 
アスリートにとって、自らのパフォーマンスを最大限発揮するうえで、良い道具は必要不可欠である。プロ野球選手から少年野球の子どもたちまで、野球をプレーするすべての人が手にするグラブ。山本グラブスタジオはグラブの専門店としてグラブの型付けからオリジナルブランドのグラブの販売まで手がけている。代表、山本鉄也氏のグラブへの熱い思いや、山本代表が考える究極のグラブについても話をうかがった。
 
 
 

野球経験を活かしグラブ型付け事業を始める

 
glay-s1top.jpg
インタビュアー 駒田徳広(野球解説者)
駒田 埼玉県川口市にある山本グラブスタジオさん。野球グラブの専門店ということで、お話をうかがえることを楽しみにしてまいりました。まずは山本代表のこれまでのご経験から教えてください。
 
山本 私自身、野球を小学3年生から高校生までやっていました。その後、大学に進学したものの、お笑い芸人を志して大学を中退しまして。しかし、紆余曲折ありお笑いの道も諦めアルバイトの生活をすることになったんです。そんな中、大学の同期が就職し充実した生活を送っているのを見て一念発起し、個人事業主になる決意をしました。そうして持ち込みのグラブ型付け事業をスタートさせたんです。
 
駒田 確かに新品のグラブは硬いので、型付けをして使いやすくしてから練習や試合で使いますよね。質の高い型付けサービスがあると、一般の方のみならず野球選手からも喜ばれそうだ。
 
山本 プロ野球選手の方にもご利用いただいています。友人が巨人の外国人選手の通訳に抜擢され、現場に一緒についていくようになったのがきっかけです。型付けをしたグラブを見ていただき、用具を提供している企業との取り引きがスタートし、ファンがつくようにもなりました。その後オリジナルブランドのグラブの展開にもつながったんですよ。
 
 
 
 

アーカイブ一覧

分野で選ぶ

バックナンバー

最新記事

話題の記事