B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

若者の起業と社会貢献を 多様な店舗運営で実現
株式会社おおきに 代表取締役 野寄聖統

 
プロフィール (のより まさのり)兵庫県出身。高校卒業後、医療系の公務員として働き、准看護師などの資格を取得。自然療法に関しても独学を重ねた。25歳でアロマハーブを取り扱う会社を設立。その後、(株)おおきにを立ち上げ、オーガニック製品の販売やコンサルティング業、飲食事業を展開する。2020年、たい焼き甘味処「おめでたい」をオープンした。居合道や流鏑馬、三味線など日本文化への造詣も深く、真言密教僧阿闍梨でもある。【ホームページ
 
 
 
オーガニック専門のセレクトショップ「ありがとう市場」や、たい焼き甘味処「おめでたい」など、多種多様な店舗を経営する株式会社おおきに。起業を志す若者やハンディキャップを持つ人などをスタッフとして雇用し、夢の実現や社会参画への後押しも行っている。代表取締役の野寄聖統氏が目指すのは、それぞれの目標に向かう仲間と共に成長していくこと。おもしろいことと社会貢献を行動の軸に、前へ進み続ける野寄社長に話を聞いた。
 
 
 

自然由来にこだわった物販業と飲食業を展開

 
glay-s1top.jpg
インタビュアー 八木裕(野球解説者)
八木 オーガニックのショップや飲食店の運営を行う株式会社おおきにの野寄社長は、B-plusに3度目のご登場ですね。私は初対面ですので、まずは簡単にこれまでの歩みを教えていただけますか?
 
野寄 女手一つで育ててくれた母に安心してもらうために、私は高校卒業後、医療系公務員として働いていました。そうして働く中でアロマテラピーや薬草など、自然療法に興味を持ち、勉強するようになったんです。
 
八木 その興味が、オーガニックショップ「ありがとう市場」の開業につながるんですね。
 
野寄 最大のきっかけは、母が病気になり、介護と公務員の仕事の両立は難しくなったことですね。退職後は経営への興味も生まれ、さまざまな仕事をしながら介護と勉強を続け、アロマとハーブのお店をオープンできました。
 
八木 実際に起業してみていかがでしたか?
 
野寄 経営については素人だったので、いろいろと試されましたね(笑)。でも、知人の紹介でさまざまな経営者の方とのご縁が生まれ、経営者としての精神やノウハウを学べました。そこからは売り上げが順調に伸びていきましたし、売り上げが増えるのはお客様に喜ばれ、必要とされている証ですから、嬉しかったです。
 
 
 
 

アーカイブ一覧

分野で選ぶ

バックナンバー

最新記事

話題の記事