B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

身元保証支援事業により
高齢者の生活をサポート

 

郵便局と連携したみまもり訪問サービス

 
glay-s1top.jpg
八木 活動を広く周知するためのPR活動など、新しい取り組みも積極的に行っておられるわけですね。お聞きしたところでは、ほかにも新たにスタートしたサービスがあるとか。
 
山下 はい。ご自宅に独り暮らしをされている高齢者の方向けのみまもり訪問サービスです。これは日本郵便株式会社さんが提供している「郵便局のみまもりサービス」を補完的に活用したもので、昨年2020年9月17日に日本郵便さんと正式にご契約させていただきスタートいたしました。
 
八木 ほう、日本郵便さんと連携したサービスですか。具体的にはどのような利点があるのかぜひ教えてください。
 
glay-s1top.jpg
山下 郵便局のみまもりサービスは、その名の通り郵便局のスタッフさんが高齢者の方のご自宅を訪ね、安否の確認をしたり、お困りごとがないかご相談を受けたりします。またそのご様子をご家族にも報告するといった内容なんです。献身会の業務内容である身元保証について、高齢者の方の生活状況を把握する必要があります。普段元気に振る舞っていても急に体調が悪くなるケースがあり、できれば頻繫に生活状況等を確認したいものの、時間の成約等があります。そこで、郵便局のみまもりサービスを補完的に活用することで、毎月1回郵便局から訪問してもらい、生活状況等を確認してもらうんです。
 
八木 なるほど。献身会さんの身元保証支援業務を郵便局のみまもりサービスで補うのですね。地域に根付いた郵便局ならではのサービスを活用されることで、利用される高齢者の方に充実したサービスを提供でき、ご本人やそのご家族みんなが安心できますね。
 
山下 ほかにも警備会社さんが提供している、緊急を要する事態があったときのため駆けつけサービスの補完などにも、当法人の事業がお役に立てるのではないかと考え、取り扱いを開始しました。このような取り組みも積極的に行っていくことによって、地域社会により一層貢献していきたいですね。そして、当法人の会員様やそのご家族、介護事業に携わる方々、後見人の方々など、関係するすべての人のための支援を行い、献身的な活動を続けていきたいと思います。
 
 
 
 

アーカイブ一覧

分野で選ぶ

バックナンバー

最新記事

話題の記事