B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

卓越した操作技術で ドローン事業化を目指す
キマタドローンサービス 代表 木股正人

 
glay-s1top.jpg
インタビュアー 八木裕(野球解説者)
八木 キマタドローンサービスさんでは、ドローンを使った事業をこれから本格的に始められるそうですね。木股代表はどんなドローンをお持ちなのでしょう?
 
木股 4K動画の撮影が可能なDJI Mavic2Proや、それを小型化したDJI MINI2を所有しています。これらは飛び立った地点の位置情報を記憶するため、リターントゥホームで戻ってきたときにほぼ正確にその位置へ着陸できるという特徴があります。さらに、障害物を検知して自動で回避することも可能なんですよ。
 
八木 ドローンが飛んでいる様子を間近では見たことがないので、どんな風に飛ぶのか気になります。
 
木股 では、DJI MINI2を実際に飛ばしてみましょう。
 
八木 おお、非常に安定した状態で飛行していますね! そういえば、木股代表はもともとラジコンヘリコプターを操縦されていたとか。
 
木股 ええ。ラジコンヘリは2009年頃から始めて、ある程度飛ばせるようになるまで何百回と失敗を重ねながら、操縦技術を磨いてきました。ちなみにこちらは、2015年頃にラジコンヘリを飛ばす様子を撮影していただいた動画です。
 
八木 機体が逆さまになったり、不安定な状態になったりしたまま飛行させていて、相当なテクニックを要することがわかります。
 
木股 ありがとうございます。ドローンを始めたので、今ではこれほどラジコンヘリは飛ばせませんけどね。歳もあるかもしれませんが(笑)。ドローンについてはドローンスクールで免許を取って、2018年頃から扱い始めたものの、ラジコンヘリの操縦で培った技術のおかげでスムーズに動かすことができました。スクールの校長先生も驚いて、ぜひインストラクターにとスカウトしてくださったほどです(笑)。ちなみにこちらが、ドローンの撮影動画です。
 
glay-s1top.jpg
八木 スカウトされるのも納得です(笑)。今後、ドローンを使って具体的にどんなことをやっていきたいとお考えですか?
 
木股 例えば農薬散布にドローンを使うことで、農家の方の作業効率化につなげたいと思っています。また、高層マンションを建設前の上空から撮影し、その景色を広告に使っていただくなど、不動産業者さんとの連携も考えているところです。また測量方面も視野に入れていきたいですね。
 
八木 さまざまな業界でドローンの需要は高まっていくでしょうし、木股代表の活躍の場も増えていくと思います。事業の成功を楽しみにしていますよ!
 
 
 
「仕事を楽しむ」とは‥
その仕事を極めることですかね(笑)。私の場合はドローンの操縦なので、どんな風に動かしたらよりきれいな映像が撮影できるのかなど、常に向上心を持ってレベルアップを目指すことで、楽しんでいます。
(木股正人)
 

:: 事業所情報 ::

キマタドローンサービス

大阪府河内長野市

 
 
 
 

アーカイブ一覧

分野で選ぶ

バックナンバー

最新記事

話題の記事