B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

子どもの心技体を育てる 情熱指導の体操クラブ
キッズ体操クラブ 代表 堀晃宏

 
glay-s1top.jpg
インタビュアー 狩野恵輔(野球解説者)
狩野 大阪市福島区を拠点とするキッズ体操クラブさん。本日は、今年2021年8月にオープンされた姉妹校のネオ・キッズジムさんにお邪魔しています! 堀代表は、どのようなご経歴をお持ちなのでしょう。
 
 私は小学生の頃から器械体操を始め、中学・高校と選手として活動しました。やがて指導者になるという夢が芽生え、専門学校で幼児教育を学び、卒業後はスポーツクラブに勤務したんです。2011年からは、貸し教室を借りて地域の子どもに体操を指導する活動も始めました。現在、当クラブはネオ・キッズジムと合わせ、2歳半から14歳まで250名の生徒さんが体操を楽しんでいるんですよ。
 
狩野 250名とは驚きです。大勢の生徒さんに支持される、堀代表の指導法が気になります!
 
 当クラブに通われる子どもたちは、もともと鉄棒で逆上がりができない、跳び箱が飛べないなど、スポーツが得意ではないという悩みを持っていることが多いんです。それで、何とか克服させてあげようと親御さんが子どもを連れて、ご入会いただくケースも多いんですね。つまり、当初は本人がスポーツに対してネガティブな印象を持っているケースもあるんです。私はまずその印象を払拭してもらうため、常に笑顔で言葉をかけ、苦手な種目ができるようになったら全力で褒めてあげるなど、少しずつ成功体験を積み重ねてもらうことを大切にしています。そうして成長する子どもの姿を見るとやりがいを感じます。
 
狩野 学校以外の場所で、自分の成長が実感できる場を持てる子どもは幸せですよ。それに、体力や俊敏性を養える体操はあらゆるスポーツの基礎になりますよね。
 
 その通りです。さらに、私は挨拶を重視するなど協調性・社会性を伸ばすことや、常に前を向いて頑張れるメンタルを育むことも大事にしています。
 
glay-s1top.jpg
狩野 堀代表の情熱で、元気で明るく礼儀正しい子どもが育ってくれる未来を考えると私も嬉しくなってきます。ぜひ将来の目標もお聞かせください!
 
 体操競技人口はたいへん少ないのが実状です。発展のために重要なのは裾野を拡大すること。今後も私は当クラブで子どもたちの指導に力を入れ体操競技の魅力を発信し続けます!
 
狩野 スポーツの世界はトップアスリートに注目が集まりがちですが、本当に欠かせないのは競技人口を増やすこと。堀代表は体操、私は野球の底上げのためにこれからも頑張っていきましょう!
 
 
 
「仕事を楽しむ」とは‥
苦手なことにもチャレンジすることです。食わず嫌いせずに何事も挑戦してみることで、案外楽しい部分が見つかるかもしれませんからね。
(堀晃宏)
 

:: 事業所情報 ::

キッズ体操クラブ

福島校
〒553-0002 大阪府大阪市福島区鷺洲3-7-32

ホームページ
https://www.kids-gym.website

 
 
 
 

アーカイブ一覧

分野で選ぶ

バックナンバー

最新記事

話題の記事