B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

真紅の情熱で安全を守る 頼れる警備のプロ集団!
真紅警備保障株式会社 代表取締役 西隅柊斗

 
プロフィール 大阪府出身。父が経営する警備会社・(株)葛城警備センターで約1年半現場を経験したのち、真紅警備保障株式会社を設立。主に土木工事現場や鉄道工事現場などでの交通誘導警備や、花火大会やコンサートなどイベント会場の雑踏警備などを手がけている。一人ひとりの体の状態に合わせて人員配置やシフト構成を行うなど、従業員の安全・健康面の管理にも尽力。人材育成にも力を注いでいる。【ホームページ
 
 
 
工事現場やイベント会場など、人や車両が集まる場所の安全確保に欠かせない誘導警備。トレードマークの真紅のユニフォームに身を包み、警備業を通じて安全を守っているのが、真紅警備保障株式会社だ。代表取締役・西隅柊斗氏は、自身も父が経営する警備会社で現場を経験し、警備の過酷さ、そしてやりがいを熟知している若き経営者。現場ごとの特徴を的確に把握し、万全の体制で警備員の教育とケアにも尽力している。
 
 
 

真紅のユニフォームがトレードマーク

 
glay-s1top.jpg
インタビュアー 八木裕(野球解説者)
八木 堺市東区に拠点を置き、車両誘導警備や歩行者誘導警備、駐車場警備やイベント会場警備など、警備全般を手がける真紅警備保障株式会社さん。社名通り、真紅のユニフォームが鮮やかでとってもかっこいいですね。
 
西隅 ありがとうございます。警備員を目立たせるためにも、パッと目に付く紅色にしました。もっとも、私の父が赤系統色が好きで、社名もユニフォームも真紅に決めたという理由もあるんですけどね(笑)。
 
八木 社名はインパクトがあって印象に残りますし、安全確保のために雑踏の中で引き立つ真紅をユニフォームの色に選択したのは、素晴らしい判断だと思います。御社は主にどんな現場で警備を行っているんですか?
 
西隅 交通誘導警備では各種建築・土木工事現場や鉄道工事現場、インフラ工事現場などで歩行者や車両の通行が円滑に進むよう、適正な誘導を行っております。イベント会場の警備では花火大会やお祭りを始め、コンサートやスポーツ大会の現場が多いでしょうか。歩行路の確保や混雑時の誘導を的確に行うだけでなく、不審者・不審物の発見など、事故・事件防止に努めております。
 
 
 
 

アーカイブ一覧

分野で選ぶ

バックナンバー

最新記事

話題の記事