B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

顧客のニーズを融合させ
理想の家をつくる建築士

 

広く深く、長い目で家づくりを考える

 
glay-s1top.jpg
濱中 atelier Mash upという屋号には、どんな思いが込められているのでしょう?
 
鈴木 音楽用語で、2つの曲を融合させることをマッシュアップといいます。「私のスキルや経験と、お客様の要望をマッシュアップして一つの家を建てましょう」というコンセプトのもと、屋号を名付けました。
 
濱中 お客さんと一緒に家づくりをするというスタンスが表れていますね! 実際に鈴木代表は、どのように打ち合わせやヒアリングを行っていくのですか?
 
鈴木 お客様の理想に近づけるように、時には打ち合わせ中に手書きでイメージ図を描くなどして、とことん話し合いを重ねます。打ち合わせにかける時間は、他の事務所さんよりもきっと長いと思いますよ(笑)。
 
濱中 言葉のキャッチボールを何度も行いながら、プランを固めていくんですね。そうしてできあがった家だと、竣工の日の喜びもひとしおでしょう。
 
鈴木 もちろんです。ただ、私は竣工日がゴールだとは思っていません。建てて終わりではなく、そこに長く住んでいただくことが終着点なんですよ。ですから素材選びやデザイン、製作の際は、使い勝手の良さや、経年変化を楽しんでいただけるような家づくりを意識しています。
 
濱中 なるほど、長い目で見た設計を心がけていらっしゃるわけだ。型にはまった思考ではできない仕事だと思います。
 
glay-s1top.jpg
鈴木 おっしゃる通り、この仕事は常に新しいものを取り入れて、成長していく柔軟性が大切です。その点、私は講師として学生と接する機会があるので恵まれていますよ。若い世代の発想や感性からヒントをもらうことも多いですからね。
 
濱中 それにしても、会社のパンフレットに掲載されているお写真を拝見すると、家づくりって本当に自由なんだと感じます。こんなにおしゃれな家だと、家に帰るのが楽しみになりそうですよ! 
 
鈴木 どの家も、現場の職人さんをはじめ、協力業者さんのお力があってできたものです。支えてくださる方々には、本当に感謝していますね。実は今でも現場に顔を出しては、棚付けなど、ちょっとした作業を手伝うこともあるんですよ(笑)。
 
濱中 鈴木代表は良い意味で、建築士っぽくないお方だなぁと思いました。ぜひ母校の生徒さんにも鈴木イズムを継承していただきたいです。家づくりにおいても、ここまで広く深く長い目で見てくれる建築士の方はなかないないと思いますので、鈴木代表に依頼されるお客さんは、とても幸せだと思いますよ。これからも、ぜひ頑張ってください! 
 
 
 
「仕事を楽しむ」とは‥
自分の目標をクリアするためにやるべきことを常に模索し、周囲の方とのご縁を大切にし、磋琢磨しながら皆で成長していく。そういう仕事ができると楽しいですよね。
(鈴木皓之)
 
 :: 事業所概要 :: 
  ■ 事業所名 atelier Mash up
■ 所在地 〒651-0085 兵庫県神戸市中央区八幡通4-1-17 稲垣ビル4F
■ 事業内容 建築の企画・設計・工事監理/インテリアデザインの企画・設計・工事監理/リノベーションの設計・工事監理/家具のデザイン・製作/建築に付随するデザイン業務全般
■ 設立 平成29年7月
■ ホームページ https://www.ateliermashup-kobe.com
■ Instagram https://www.instagram.com/ateliermashup
 
 
 
 

アーカイブ一覧

分野で選ぶ

バックナンバー

最新記事

話題の記事