B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

顧客のニーズを融合させ
理想の家をつくる建築士

 

ものづくりへの情熱が決断と行動の軸だった

 
glay-s1top.jpg
濱中 鈴木代表が、建築士の道を目指されるまでの歩みを教えてください。
 
鈴木 もともと設計も含めたものづくり全般が好きで、工業高校では製図や機械を学んでいました。「将来は自分で何かをつくり出せる人になりたい」とも考え、経営者になるために、大学では経済を専攻しました。その工業高校から経済系に進んだ学生は、私が初めてだったそうです(笑)。
 
濱中 普通はそのまま製造業や工学系の会社に就職することが多いですよね(笑)。でも鈴木代表は、経営者になりたいという思いが、それほど強かったわけだ。
 
鈴木 ただ、大学3年生のときに、このままだと会社員の道に進む自分の姿が想像できたんです。そこであらためて、“ものづくりが好き”という自分の原点に立ち返り、何をつくりたいかを本気で考えて出た答えが、家づくりでした。さっそく行動に移すために大学を辞め、神戸電子専門学校の建築インテリアデザイン学科に入学したんです。ちなみに、今ではこの母校の同学科で非常勤講師を務めていまして、現在、当事業所で働いているスタッフは母校の卒業生の一人なんですよ。
 
glay-s1top.jpg
濱中 卒業が見えてきた大学3年生のときの方向転換はなかなかできないものです。無駄な時間を過ごさないよう、すぐにアクションを起こせる行動力があるからこそ人生が良い方向に向かって、母校への凱旋や教え子との縁も生まれたのでしょう。
 
鈴木 ありがとうございます。濱中さんのおっしゃる通り、行動力は大切にしてきましたね。専門学校卒業後はデザイン事務所での修業はもちろん、設備設計から現場監督、営業活動など、幅広く経験しました。
 
濱中 建築士の仕事だけでなく現場仕事も経験しようと思われた理由は何だったんでしょう?
 
鈴木 現場や設備のことを知っておかないと、良い家をつくれないと考えたからです。設計図だけでは、家は建ちませんからね。営業を経験したのも、お客様との打ち合わせの際に必要なコミュニケーション能力を磨くためでした。
 
濱中 そういう考えがあったのか! 建築士の方は現場とデザインを分けて考えている印象があったので、設計図だけで家は建たないという言葉にはハッとさせられました。
 
 
 
 

アーカイブ一覧

分野で選ぶ

バックナンバー

最新記事

話題の記事