B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

顧客のニーズを融合させ 理想の家をつくる建築士
atelier Mash up 代表 鈴木皓之

 
プロフィール 三重県生まれ、兵庫県神戸市育ち。工業高校を卒業後、経営者を目指し経済系の大学に進学。その後、ものづくりという自らの原点に立ち返り、3年生のときに中退。神戸電子専門学校の建築インテリアデザイン学科に入学した。卒業後は、建築設計事務所のほか、現場監督や設備設計、営業職など、家づくりに関わるさまざまな職種を経験し、2017年に独立。現在は母校で非常勤講師も務めている。【ホームページ
 
 
 
「長く住んでいただくことを終着点に、お客様と言葉のキャッチボールをしながら家をつくります」。そう話すのが、atelier Mash up(アトリエマッシュアップ)の鈴木皓之代表だ。自らのスキルと顧客のニーズを、看板の通りマッシュアップさせ、建築士としての手腕をふるう。工事開始後は現場を訪れて、作業を手伝うこともあるそうだ。建築士という枠に縛られない鈴木代表の、建築家としての思いや素顔に迫った。
 
 
 

土地から家具まで、家づくりを徹底サポート

 
glay-s1top.jpg
インタビュアー 濱中治(野球解説者)
濱中 神戸市中央区の建築設計事務所、atelier Mash upさん。二級建築士で管理建築士でもある鈴木代表にお話をうかがいます。いやぁ、まるで街のおしゃれなカフェのような事務所ですね!
 
鈴木 ありがとうございます。訪れたお客様に、「これから一緒に家づくりを行うのは、こんなデザインを手がけている建築士です」というところを感じていただきたくて、事務所のデザインには素材からこだわりました。例えば壁材もレンガ調のタイルではなく、あえて本物のレンガを加工したものを使用しています。そのほうが雰囲気も出ますし、よりリアルな質感を感じ取っていただけますからね。
 
濱中 なるほど、この事務所はショールーム的な役割もあるんですね。確かに、かなりこだわった家づくりをしてくれる建築士さんだというのが、間違いなく伝わってきますよ。
 
鈴木 家づくりではお客様のニーズを形にするため、土地探しからお手伝いします。また、既製品ではなく、オンリーワンの住まいを望まれる方には、新居に合わせたインテリアもデザインさせていただきますよ。
 
濱中 土地探しから調度品までトータルでお任せできるとは! こだわりの家を新築したい方にぴったりの相談相手ですね。
 
 
 
 

アーカイブ一覧

分野で選ぶ

バックナンバー

最新記事

話題の記事