B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

家の周りを素敵に飾る
理想を形にする外構工事

 

長年にわたって積んできた経験と実績

 
glay-s1top.jpg
タージン 入江社長はもともと外構工事を手がけていらっしゃったんですか?
 
入江(伸) いえ、私はもともとタイル職人だったんです。高校卒業後すぐに職人として働き始め、22歳の時に個人事業主として独立しました。それからしばらくはタイル張りの施工を手がけていたものの、次第に住宅でタイルが用いられることが少なくなってしまったんです。
 
タージン 確かに昔は、玄関からお風呂場やトイレの床まで、お家の中の至る所でタイルが使われていました。でも、最近ではあまり見なくなってしまいましたね。
 
入江(伸) 今でこそ装飾用にアレンジしたタイルを施すなどの機会も増えたものの、それでも以前よりも需要は減少してしまったんです。そこで、タイルだけでなく外構工事も手がけるようになりました。
 
タージン 最初はタイル職人からスタートし、やがて外構も手がけるようになったと。それでは、これまでずっと現場一筋でお仕事をされてこられたわけですか。
 
入江(伸) はい。職人としては20年以上、外構工事を始めてからは今年で15年ほどになります。その中で、さまざまな人とのご縁もあり、ありがたいことに大手住宅メーカーさんとお取り引きさせていただけるまでになりました。
 
タージン 長年にわたって多くの経験を積んでこられたんですね。それにしても大手企業の仕事を受けるためには相当に厳しい基準があるのではないですか?
 
glay-s1top.jpg
綾美店長
入江(綾) おっしゃる通りですね。住宅メーカーさんとの仕事を行うにあたっては、実績や信用などについての審査があることはもちろんのこと、建設業の許可、雇用保険・労災・社会保険への加入といったお客様や従業員に安心いただける会社であるために必要なこと、そして施工品質の高さや安全管理の確かさが求められます。特に最近は企業のコンプライアンスも厳しくなっているため、認めていただくには高いハードルをクリアする必要があるんです。
 
入江(伸) そんな中、おかげさまで弊社は現在もなお、複数の住宅メーカーさんからご依頼をいただいています。それは、一つひとつ着実に成果を積み重ねてきたからこそ、厚い信頼をいただけているのだと思いますね。そういった背景もあり、この仕事は、ただ工事を行えばよいというわけではありません。いわゆる昔ながらの職人による仕事というだけでなく、お客様に満足していただくための付加価値も提供する、サービス業としての面も必要になってきたと強く感じます。
 
タージン 住宅メーカーさんの定める基準をクリアしたうえで真摯に仕事をこなす。その一つひとつの実績がさらなる信頼を生み、次の仕事にもつながるわけですね。
 
 
 
 

アーカイブ一覧

分野で選ぶ

バックナンバー

最新記事

話題の記事