B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

労務の現場を熟知する 実務経験豊富な社労士
松永社会保険労務士事務所 代表 松永幸典

 
プロフィール 大阪府出身。大学卒業後、入社した一般企業で人事労務業務にあたる。その後、複数の会社で労務関連の仕事を経験し、通常の手続業務に加えて、未払い残業訴え、問題社員に対する解雇、懲戒をはじめとするさまざまな問題の解決に尽力した。社労士を志してからは、社労士事務所で働きながら、プロとしての心構えを習得。社労士の資格を取得し、2021年6月に、松永社会保険労務士事務所を開設した。【ホームページ
 
 
 
社労士からの提案に「それは理想論だよ」と感じたことのある経営者は多いのではないだろうか。そのような経営者の心強いパートナーになるのが、松永社会保険労務士事務所だ。一般企業で人事労務に15年以上携わってきた豊富な実績をもとに、現場の実情に即した提案やコンサルティングを行ってくれる。経営者と従業員の両方の目線から、客観的に課題を掘り起こし、解決へ導く松永幸典代表に、仕事への思いをうかがった。
 
 
 

人事労務一筋で培った経験を活かすべく独立

 
glay-s1top.jpg
インタビュアー タージン(タレント)
タージン 大阪市天王寺区に事務所を構える松永社会保険労務士事務所さん。実際どのようなご相談が多いのでしょうか。
 
松永 労務の相談やコンサルティング、就業規則の作成や見直し、労働保険・社会保険の手続き、助成金の申請など多岐にわたりますね。代表社労士の私がご相談に乗りますので、京阪神エリアを中心にどこへでも駆けつけますよ。
 
タージン 松永代表自らが足を運んでくださるのは心強いですね。本日はそんな松永代表のお人柄にも迫りたいと思います。まずは、これまでの歩みを教えてください。
 
松永 大学卒業以来、これまでに3つの会社で人事労務の業務にあたりました。人事労務の世界で経験してきたことを、いろんな企業様にも提供したいとの思いで社会保険労務士として独立を決意したんです。独立前には同業の他事務所で経験も積み、現在に至ります。
 
タージン 思い立っても行動に移せない方がほとんどではないでしょうか。その中で松永代表は退路を断ってチャレンジの道を選ばれたんですね。
 
松永 思い立ったら行動しないと気が済まない性格でしてね(笑)。おかげさまで勤めた事務所では労務のプロとしての心構えや責任を学ぶことができました。そして社会保険労務士試験に合格したあとも、しばらく実務経験を積み、2021年6月に開業したんです。
 
 
 
 

アーカイブ一覧

分野で選ぶ

バックナンバー

最新記事

話題の記事