B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

中小企業とアスリートの 事業承継や起業を支援
TSUNAGU株式会社 代表取締役 斎藤航

 
プロフィール 栃木県出身。大学卒業後、地元の大手金融機関に就職。約11年勤務する中で、中小企業の事業承継などに関する業務に携わり、知識とノウハウを得る。その後、事業承継を希望する中小企業経営者に対して、より専門的に親身なサポートを行いたいとの思いから独立し、2020年5月にTSUNAGU(株)を設立した。事業承継やM&A支援のほか、アスリートに対する経営コンサルティングなども行っている。【ホームページ
 
 
 
栃木県宇都宮市を拠点に、中小企業の事業承継支援などの事業を手がけるTSUNAGU(ツナグ)株式会社。代表取締役の斎藤航氏は、地元である栃木県の金融機関に勤務する中で、中小企業の経営者の多くが抱える後継者問題について取り組んできた。そして、さまざまな問題に悩む経営者たちに対してより密接な支援を行うために独立したという。地域に根差した活動を行い、人々の役に立ちたいと語る斎藤社長に、仕事への思いを聞いた。
 
 
 

事業承継やM&Aをサポート

 
glay-s1top.jpg
インタビュアー 小林雅英(野球解説者)
小林 本日は、栃木県宇都宮市で事業承継やM&Aに関する支援などを行っているTSUNAGU株式会社さんにお邪魔しています。まずは斎藤社長のご経歴をお聞かせください。
 
斎藤 私は地元の金融機関に11年ほど勤務していました。その中で、中小企業の経営者の方とお話しさせていただく機会が多く、後継者がおらず悩んでいるという方や誰かに事業を引き継いでほしいという方の相談をよく受けていたんです。
 
小林 なるほど。もともと金融機関で働いているときから、事業承継にかかわるお仕事をなさっていたんですね。
 
斎藤 はい。大きな組織の中でしかできないこともあるものの、自分にしかできないことをするためにはどうすべきかをずっと思い悩んでいました。そこで、それぞれの経営者さんをより親身にサポートするために、また、自分なりの方法を自由に実践できる環境をつくるために独立を決意したんです。そして、昨年2020年5月に弊社を設立しました。さらに、前職の同僚も私の考えに共感してくれまして。弊社に入社してくれたことはすごく心強かったです。
 
小林 現在は同じ志を持つ仲間と一緒に活動していらっしゃるんですと。とても素敵な体制が整いましたね。そんなTSUNAGUさんの事業内容について、より詳しくうかがっていきたいと思います!
 
 
 
 

アーカイブ一覧

分野で選ぶ

バックナンバー

最新記事

話題の記事