B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

あらゆる工事を手がける
建設業の“便利屋”

 

「こだわりがないのがこだわり」の真意

 
glay-s1top.jpg
名高 御社のこだわりをお聞かせください。
 
細谷 そうですね、実はこだわりがないのがこだわりです。10代からこの業界一筋で働き、建設のことならひと通りできるため、何かに特化しなくてもいいのではないかと考えているんですよ。社名に塗装や防水といった言葉が入っていないのも、こういうワードを使うことで、仕事の幅を狭めてしまうかもしれないと思ったからなんです。
 
名高 なるほど、さすが“便利屋”さんですね!
 
細谷 ありがとうございます。この業界では、複数の営業担当者さんがいる会社だと、担当者さんごとに発注元が異なるということが一般的なんですよ。それにもかかわらず、弊社とお付き合いのある元請け会社さんは、どの営業担当者さんがついても弊社にお声がけしてくださることが多いんです。
 
名高 ハイエストワークスさんの技術への信頼もあるのでしょう。
 
細谷 私も従業員も日々新しい工法などを勉強していますから、技術には絶対の自信を持っています。また、当然のことながら、工事に関して手抜きや妥協は一切しないという強い信念を胸に作業に当たっています。実は、業界全体として受注獲得が価格ありきになってしまっている現状がありまして。下請け会社さんの中には、提示された見積もり金額内で何とか採算を取ろうと、人件費や材料費を削減したり工程の短縮化を図ったりし、結果として工事がおざなりになってしまっているところも少なくありません。最悪の場合、死亡事故につながる恐れもありますし、絶対に許されないことです。なので弊社はどんな状況でも、最大限手間をかけるようにしているんですよ。
 
glay-s1top.jpg
名高 価格競争によるしわ寄せが現場にきてしまっているということですね。その結果、階段崩落やタイル剥落のような事故につながりかねないと。安く抑えたいという工事を発注する側の気持ちも、何とかそれに応えて受注を取りたいという工事会社側の気持ちもわかります。ただ、度を過ぎると逆に自分の首を絞めてしまうことになりかねませんよね。
 
細谷 おっしゃる通りです。ですから弊社では一切の手抜きをせず、どんな現場でも全力を尽くします。
 
名高 仕事は選ばず、質はとことん追求する。「こだわりがないのがこだわり」という細谷社長の言葉の真意が、あらためて理解できました。
 
 
 
 

アーカイブ一覧

分野で選ぶ

バックナンバー

最新記事

話題の記事