B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

解放的なキッチンカーで 自慢のメニューを提供!
キッチンカー 雷風神 代表 川島俊祐

 
glay-s1top.jpg
インタビュアー 狩野恵輔(野球解説者)
狩野 大阪府八尾市で、料理の移動販売を行う、キッチンカー 雷風神(らいふうじん)さん。川島代表は八尾市のご出身で、少年時代は野球をなさっていたそうですね。
 
川島 そうなんです。小学生の頃は地元の少年野球チームに所属してプレーしていました。隣町の羽曳野市出身の、現在メジャーリーグで活躍しているダルビッシュ有投手とは同学年でして、直接顔を合わせて会話した記憶はないものの、互いに所属していた少年野球チーム同士で対戦したことがあるんですよ。
 
狩野 野球に親しんでこられたとなると、とても親近感が湧きます! お聞きしたところでは、かつては北海道でも生活していらっしゃったとか。
 
川島 はい。20代半ば頃から、6~7年ほど北海道で暮らしていました。そこでは飲食店や中央卸売市場で仕事をしていたんです。
 
狩野 北海道にいた頃からもともと飲食業で働いていたんですね。キッチンカーでの営業を始められたのはいつ頃なんですか?
 
川島 今年2021年の3月からです。昨年1月にメーカーに発注し、もともとは11月頃の納車予定だったんです。そして、地元である八尾市に戻って開業しようと考えていたものの、コロナ禍の影響などで予定が後ろ倒しになりまして。それでようやく今年から営業開始できました。
 
狩野 なるほど。コロナ禍の影響もあって、野外で密になりにくくテイクアウトも可能なキッチンカーでの移動販売は需要が高まっていますよね。ユニークな店名の由来についても教えてください。
 
川島 みなさんご存じの、日本の神様である雷神と風神から着想を得ました。実は私の2人の子どもたちにも、それぞれ雷と風の字を使っているんですよ。
 
主に八尾市宮町のルレーブ工芸さんの敷地で営業中!
主に八尾市宮町のルレーブ工芸さんの敷地で営業中!
狩野 お子さんの名にするくらい、思い入れがあるんですね。営業エリアはこの八尾市内なんですか?
 
川島 そうですね。現在は、八尾市宮町で縫製加工業を手がけているルレーブ工芸さんの敷地をお借りしていまして、主にこの場所で営業しています。おかげさまでリピーターのお客様も増えてきました。
 
 
 
 

アーカイブ一覧

分野で選ぶ

バックナンバー

最新記事

話題の記事