B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

展示ブースや店舗内装を
自由な発想で創造する

 

顧客のイメージやデザインを形にする仕事

 
glay-s1top.jpg 自社工房で、製作スタッフがさまざまな加工に対応!
自社工房で、製作スタッフがさまざまな加工に対応!
八木 ぜひ、現在の事業内容について詳しくお聞かせください。
 
野々村 展示会のブースや会場の設営、店舗の内装工事、看板や什器の製作のほか、店頭のディスプレイ関連の製作物やインクジェット出力、カッティング加工なども手がけています。これらの業務内容をひと言で説明すると、「お客様からの図面をもとに、デザインを形にする仕事」といったところでしょうか。
 
八木 イメージを形になさるお仕事ですね。製作は自社で行うのですか?
 
野々村 はい。この事務所の1階に自社工場を構えており、お客様と弊社の製作メンバーが緊密に連携を取りながら、スムーズに製作を進めています。また、近くに提携企業もありますので、自社で対応していない加工が必要な製作に関しても、スピーディに対応できる仕組みを整えているんです。
 
八木 それは心強い! それにしても、展示会関係の仕事は新型コロナウイルスの影響が大きかったのではないでしょうか。
 
野々村 そうですね、全国で数多くのイベントが中止になりましたからね。ただ、弊社では現在そのぶん、アパレル系ハイブランドや新商品告知等のポップアップショップ設営のご依頼が増えています。
 
八木 それは興味深いです。かなりの美的センスが求められる仕事に思えます。
 
野々村 お客様の中にはデザインから提案してほしいという方もおられます。そうした場合も、弊社の設計部やデザイン担当者、社外の協力会社で対応しているんです。
 
glay-s1top.jpg
八木 頼もしいチームが結成されているんですね! 会社というチームの運営で心がけていることがあれば、ぜひうかがいたいです。
 
野々村 やはり、楽しむことです。たとえ苦しいことでも、「どうすれば楽しめるか」を考えることで、物事の方向性は自ずと決まりますからね。考え方次第であることを普段からスタッフにも伝えています。自分の発想を実行して経験を重ね、「次はこうできるのではないか」と応用につなげていくことで、創造力も磨かれていきますしね。だから従業員にも、「やりたいことや考えがあれば言ってほしい」とよく言っていますよ。
 
八木 同感だなぁ。楽しめるかどうかは、本人の発想や捉え方次第なんですよね。自発的に物事に取り組むチャレンジ精神が、成長の糧にもなるというのは素晴らしいお考えです。自分のアイデアが採用されるとやりがいも出てきて、それがまた楽しみにつながりますね!
 
 
 
 

アーカイブ一覧

分野で選ぶ

バックナンバー

最新記事

話題の記事