B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

人間的成長を促す学習塾
eスポーツで拓く新教育

 

時には5教科を離れた教育も重要

 
glay-s1top.jpg
水野 親が目の敵にするゲームを塾で行うということに、戸惑う保護者の方は多かったのでは?
 
杉山 「子どものうちにいろいろ経験させてあげたい」という考えから、むしろ好意的な声が多くありましたよ。今後ますます重要になるであろうITスキルを身に付けるための取っかかりとして、eスポーツに期待する保護者の方も少なくありません。
 
水野 確かに、eスポーツにはパソコンの知識も必須だから、自然とITリテラシーが身に付きますよね。日本はパソコン普及率が世界的に高い一方で、使いこなす能力が低いといいます。日本がIT先進国に追いつくには、「ネットが使える」「タイピングができる」といったよりも、もうひとつ上の次元に行かないといけませんよね。
 
杉山 そうですね。私が前職で中学の教員をしていた頃も、日本の学校教育現場におけるITリテラシーの低さは常々危惧していました。
 
水野 ITリテラシーを高める素地をつくるのに、eスポーツはぴったりでしょうね。私は、どんな学びでも、大切なのは本人のやる気や興味だと考えています。「親に言われたから塾に行く」では、成長につながりにくいと思うんです。その点、中央個別ゼミナールさんに嫌々来ている子はいないんじゃないかな(笑)。
 
glay-s1top.jpg
eスポーツでさまざまなスキルを身に付けよう
杉山 おっしゃる通りで、eスポーツ事業を始めて、子どもたちの目の色がさらに変わりましたよね(笑)。私自身、5教科から離れた教育も行うべきだと考えるようになりました。受験に特化して5教科に注力するだけでなく、協調性やITスキル、創造力など非認知能力の育成も重要だと思ったんです。また、生徒の将来の夢、目標への興味も強まりましたね。「志望校はどこ?」ではなく、「どういう人になりたい? なぜその学校に行きたい?」と質問することが増えました。
 
水野 志望校名を挙げると目標としてすごくわかりやすいけれど、でもその学校に合格することがゴールではないですもんね。その先に何があるかが重要だと、私も思います!
 
杉山 元中学の教員で、受験指導にも携わってきた身として、受験システムは社会に必要だと思います。ただ、受験をネガティブに捉えている子がほとんどなのも事実です。そのマイナス感情を払拭する、eスポーツという入り口を持っていることが、私たちの特色だと思います。
 
 
 
 

アーカイブ一覧

分野で選ぶ

バックナンバー

最新記事

話題の記事