B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

外資系企業への転職を スピード対応で支援!
レカトコンサルティング株式会社 マネージングディレクター 加藤邦也

 
プロフィール 東京都出身。外資系IT企業の営業職に従事するも事情により退職。相談に行った人材紹介会社に入社を誘われ、人材紹介業に転職を果たす。16年間勤めた後、外資系IT・テクノロジー業界に特化した人材紹介会社・レカトコンサルティング(株)を設立。前職で部下だった同僚と共に、スピードを重視した対応で、求職者と企業双方が納得できる人材紹介を手がけている。【ホームページ
 
 
 
働き方が流動化する時代の中で、外資系IT・テクノロジー業界を専門に人材紹介を手がけるレカトコンサルティング株式会社。創業者でマネージングディレクターを務める加藤邦也代表は、現場に立ち続けたいと、プレイングマネージャーとして16年間勤めたのち独立した。求職者と企業、双方のニーズや悩みを傾聴し、素早い対応で転職という人生の一大イベントを力強くサポートしている。
 
 
 

外資系テクノロジー業界専門の人材紹介会社

 
glay-s1top.jpg
インタビュアー 駒田徳広(野球解説者)
駒田 レカトコンサルティング株式会社さんは、外資系IT・テクノロジー企業に特化した人材紹介業を手がける会社だとうかがいました。まずは、加藤代表のこれまでの歩みからお聞かせください。
 
加藤 私は以前は、外資系IT企業でソフトウェアの営業を担当しておりました。しかし、事情により退職することとなったんです。それでひとまず人材紹介会社に相談に行きまして。すると、その場で「弊社に入りませんか」とお誘いを受けたんですよ。
 
駒田 これは驚きました! それで加藤代表はどうされたのですか?
 
加藤 それまでの私は、自社の製品という形のあるものをもって営業活動をしていたため、人材紹介事業という人の一生を左右する、形のないサービス業の業務に就くことに戸惑いを感じました。ただこれも挑戦だと、思い切って入社を決意したんです。求職者の方々とお会いする日々を過ごすうちに、「この仕事は自分に向いている」と思えてきたんですよ。IT営業の経験もあり、業界相関図も理解していてその経験も生かせましたし、代々商人家系で不特定多数の方々と向き合うのが元々好きだったので、人材紹介業はまさに天職だと感じられるようになっていったんです。最終的にその会社には16年勤めましたね。
 
駒田 実力を発揮できる場を見つけた加藤代表が、生き生きと働く様子が目に浮かぶようですよ。
 
 
 
 

アーカイブ一覧

分野で選ぶ

バックナンバー

最新記事

話題の記事