B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

樹脂・金属加工を通じて
日本の未来に貢献!

 

重量物をスムーズに動かす「イズモタンク」

 
glay-s1top.jpg
狩野 やはり、苦労が人を育ててくれるんですよね。「負けてたまるか、絶対にやり抜くぞ!」という情熱は、事業を続けるうえで、何より大切なものだと思いますよ。
 
大坪 ええ、人間は日々を繰り返しながら一生を過ごします。その中で、今日という短い一日をぼんやり生きていると、意味のない日の連続になってしまうだけ。ある日、鏡を見たら人生が終わっていたということになってしまいますよね。
 
狩野 まるで、浦島太郎の物語のような一生ですよね。
 
大坪 そんな日々を変えるには、ひたむきに努力するしかありません。私の座右の銘は「平日の覚悟」「今日一日を真剣に」です。この言葉どおり毎日を懸命に生き、事業にも力いっぱい立ち向かうことを肝に銘じているんですよ。
 
狩野 その積み重ねで大きく躍進したのが、現在の御社というわけですね。それでは、あらためて業務内容について教えていただけますか。
 
大坪 もともと弊社はゴム加工が専門でした。しかし、それだけではビジネスとして小さすぎるので、今ではプラスチックや金属など、素材の種類を問わず精密部品の設計・加工を手がけています。お客様も、大手電機メーカーをはじめ全国に広がっているんですよ。また、弊社独自の製品として重量物運搬装置「イズモタンク」を世に送り出しています。
 
狩野 創業から43年間の積み重ねで、あらゆる素材を加工できる見事な技術を手にした株式会社出雲さん。今では、その実力を生かしたオリジナル商品も展開中というわけですか。イズモタンクとはどのような商品なのか興味があります!
 
大坪 イズモタンクは、大きな重量物等を移動したり運んだりする場合に使用する「コロ」の役割をする台車です。剛性が強くねじれや歪みに強いシャフトを持つため、360度に舵を切れるコロとして、重い物を簡単に移動させることができるんですよ。工場や倉庫で機材・資材などの重量物を運搬するときに活躍しています。
 
glay-s1top.jpg
狩野 イズモタンクを重量物の下に4つ置けば、人力では無理なものもスムーズに動かせるわけですか。工場の引っ越しやレイアウトの変更などで大活躍してくれそうですね。ただ、重いものを載せるだけに故障しないかどうかが心配です。
 
大坪 ご安心ください。弊社の技術を結集したイズモタンクは、傷みやすい箇所をしっかり補強しメンテナンスがしやすい構造を実現しているんです。そのため、長寿命で安全にお使いになれますよ。
 
狩野 それはありがたい。イズモタンクはたくさんの工場で活躍してくれそうですね。
 
 
 
 

アーカイブ一覧

分野で選ぶ

バックナンバー

最新記事

話題の記事