B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

職人の仕事の質を高める
養生に特化したプロ集団

 

時代にマッチした方法で従業員の成長を促進

 
glay-s1top.jpg
石黒 建設業の経営者さんは、離職率の高さに悩んでいる方が多いと聞きます。人材育成や若手とのコミュニケーションで、福永社長はどのようなことを心がけていますか?
 
福永 いかに見せて、教えるかですね。口で説明するだけでは伝わりにくいので、まずは私が手本を見せて、実際にやってもらう。それを繰り返し、できるようになったら現場を任せるようにしています。
 
石黒 職人の世界はまだ「背中を見て勝手に覚えろ」というイメージが根強い中、福永社長のやり方は、今の時代にマッチした指導法に感じます。職場の雰囲気も良いのでしょうね。
 
福永 雰囲気の良さには自信がありますよ。嬉しいことに、従業員も私のことを「喋りやすい」と言ってくれています。このような関係性が構築できていると、若手も育ちやすいんです。「怖い」というバリアがないぶん、わからないことをすぐに質問できますからね。
 
石黒 良い人間関係が築けているんですね。福永社長がそのように職場の雰囲気づくりに注力するようになったのは、何かきっかけがあったのでしょうか。
 
glay-s1top.jpg
福永 若い頃から、辞めていく人を多く見てきたからですね。自分が一職人だったときは、「根性のある人が残る業界なんだな」と思うだけでした。しかし、いざ経営者になると「限られた人しか残らない職場で果たしていいのだろうか」と考えるようになったんです。それで、先ほど述べたような、指導の工夫を意識するようになりました。すると、離職率が下がっただけでなく、従業員の成長スピードも向上したんですよ。
 
石黒 福永社長のような工夫は大切だと思います。実は私の夫も同じようなことを言っていて、昔はお弟子さんに背中で教えるタイプだったのに、今は親身に指導していますからね(笑)。業界歴が長いと考えが凝り固まりがちな中、そうやってスタイルチェンジできるのはすごいと思いますよ。お話を聞いて、周りの雰囲気や状況を良くするには、まずは自分から変わらないといけないんだと実感しました。
 
福永 うまくいかないことがあれば、その理由を突き詰めて、すぐに改善策を実行する。そうすれば課題が解消されるという方程式が自分の中にできあがっているんです。
 
石黒 なるほど、常に現状に満足せず、良い仕事をしたいという気持ちが伝わってきました。それに、お仕事のお話をしているときの表情が輝いています。きっと、多くの業者さんにとっても、翔美装建さんは一緒に仕事がしたくなる会社なのでしょうね。これからも頑張ってください!
 
 
 
「仕事を楽しむ」とは‥
挑戦し続けることです。その挑戦が成功して、誰かに「ありがとう」と感謝された瞬間に、仕事の楽しさをあらためて実感しています。
(福永翔一)
 
 :: 会社概要 :: 
  ■ 社名 株式会社翔美装建
■ 本社 〒273-0011 千葉県船橋市湊町1-2-21 ケイジイビル 6F
■ 事業内容 建築仕上材養生/新築引き渡し清掃/改築・改修工事後の竣工清掃/エアコン分解洗浄/ハウスクリーニング/日常清掃業務/建築・設備雑工事
■ 設立 平成29年7月
■ 従業員数 30名
■ ホームページ https://www.shobisoken.com
 
 
 
 

アーカイブ一覧

分野で選ぶ

バックナンバー

最新記事

話題の記事