B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

ケガ予防の指導にも注力 酸素ルームのある整骨院
コンディショニング&スポーツ にし整骨院 院長 西義隆

 
glay-s1top.jpg
インタビュアー 狩野恵輔(野球解説者)
狩野 大阪府枚方市のJR西日本片町線津田駅から徒歩圏内にあるコンディショニング&スポーツ にし整骨院さんにお邪魔しています。西院長が私と同じ38歳の野球人とお聞きして、お目にかかるのをとても楽しみにしていました!
 
西 私のほうこそ、狩野さんとお話しできる日を待ち望んでいました。
 
狩野 今日は、興味深いお話をたくさんうかがえそうですね。それではさっそく、「コンディショニング&スポーツ」という看板の由来からお聞かせいただけますか?
 
西 この名称は、当院がアスリートのサポートに力を入れていることから名付けました。施術は機械に頼らず手技を中心に行なっていまして、肩・肘など関節の筋肉をやわらげ、可動域を広げる治療に重点を置いています。当院ならではの広いスペースを活用し、チューブを用いた体幹を鍛えるトレーニングも指導しているんですよ。
 
狩野 確かに、これだけの広さがあれば、リハビリやトレーニングもスムーズに行えますね!
 
西 ええ。さらに、当院には酸素カプセルより広い高気圧酸素ルームを設置しています。酸素ルームの中では自由に動けるほど広さに余裕がありますので、長時間入っていただいても苦にならず、回復力も高まりやすいです。もちろん当院は一般の患者様も大歓迎です。アスリートと同じように、手技と運動療法を組み合わせて肩や腰の痛みを取り除くことで、一刻も早く快適な日常を取り戻したいという方にはうってつけだと思いますよ。
 
glay-s1top.jpg
狩野 整骨院の中には、痛みが取れればいいという考えで、アスリートの深い悩みを理解してくれない院もあります。トレーニングと組み合わせ、治療前より体の機能を高める西院長の方針は本当に頼もしいですよ。ところで、西院長の野球歴は?
 
西 私は小学1年から野球を始めました。ポジションはピッチャーです。プロを目指していたのですが、大学卒業時には肩の痛みで投げられなくなっていたんです。病院で検査すると、肩甲骨が変形していることが判明し、すぐに手術を受けました。2年間リハビリ生活を過ごし、無事に野球ができるまで回復することができ、その後は社会人野球、独立リーグを経てアメリカの独立リーグでもプレーしましたね。
 
 
 
 

アーカイブ一覧

分野で選ぶ

バックナンバー

最新記事

話題の記事