B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

馬術競技者が自らつくる
オーダーメイド馬具工房

 

オーダーメイドで世の中をもっと楽しく

 
glay-s1top.jpg
矢部 私が所有していた馬に「ブースター」という、頑張って走ってくれたサラブレッドがいるんです。今は引退し、牧場で乗馬ホースとして人を乗せたり、競技馬術をしたりしているんですよ。競走馬の役目を終えても活躍できる場があるのは、馬主としても本当にありがたいと感じています。
 
渡邉 確かに、競技馬術の世界でも、競走馬出身の馬は珍しくありませんね。今のお話は、聞いていて私も嬉しくなります。
 
矢部 そんな渡邉社長が仕事で譲れないとことは、何でしょうか?
 
渡邉 一番は、やっぱり妥協しないことでしょうか。お客様のためというのはもちろん、自分が納得できないものは外に出したくありません。制作に熱中するあまり、3日ぐらい徹夜することもあります(笑)。
 
矢部 そんなに! 何かを生み出すことは簡単じゃないですね。
 
glay-s1top.jpg
渡邉 でも、それ以上に楽しいんですよ! 直接お客様から感謝の言葉をいただけるし、SNSでリアクションも集まるので、達成感が大きいです。私は子どもの頃から、いろいろなものを分解しては組み立て直して遊ぶ好奇心旺盛な子で、欲しいものが手元になければ自分でつくるのが当たり前でした。課題解決のために全力で試行錯誤を繰り返して行動する姿勢は昔も変わっていません。
 
矢部 小さい頃から創意工夫する力を鍛え、その力を今は周囲の人のためにふるっていらっしゃると。人を喜ばせたいという思いで制作活動を続ける渡邉社長は、「愛の人」だと思います。
 
渡邉 ありがとうございます(笑)。今では私と同じような気持ちで活動されている制作仲間も増えました。TanoMakeは、実はまだカスタムメイドが大半なので、今後は、お客様が好みに合う作家さんに、例えば「自分の子どものためだけの幼稚園カバンをつくってください」と一点物をリクエストできる、フルオーダーの文化もつくっていきたいと思っています。個々の依頼に対応できるようになれば、「自分らしさの追求」や「誰かのためだけの特別」に対する喜びも、もっと増えるはず。そんな「個に寄り添ったお買い物の文化」をもっと広げていきたいですね!
 
 
 
「仕事を楽しむ」とは‥
私は、何よりも「楽しい」から仕事をしています。こだわりは、お客様や企業など、相手に喜ばれることを第一に考えることと、前例にとらわれないこと! 創意工夫をしながら全力投球を貫くと必ず嬉しい結果が伴ってくるので、楽しくならないわけがないのです!
(渡邉麻奈)
 
 :: 会社概要 :: 
  ■ 社名 TanoMake株式会社/Amuleto de Oro
■ TanoMake株式会社 〒106-0032 東京都港区六本木1-4-5 アークヒルズサウスタワー16F
■ Amuleto de Oro 〒105-0021 東京都港区東新橋1-9-2 汐留住友ビル18F
■ 事業内容 刺繍・馬具・オリジナル雑貨のオーダーメイド工房運営/オーダーメイドグッズのオンラインマーケット運営
■ 設立 2016年4月
■ 従業員数 7名
■ ホームページ https://tanomake.com
https://amuletodeoro.official.ec/
 
 
 
 

アーカイブ一覧

分野で選ぶ

バックナンバー

最新記事

話題の記事